ソフトバレーsho

アクセスカウンタ

zoom RSS 中学女子バレー部指導録@

<<   作成日時 : 2006/01/09 13:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

地元中学の女子バレー部の指導録を、何回かに分けて書き綴っておこうと思う。
自分にとっても、部員であった娘にとっても、忘れられない3年間だった。
娘の入部当時、バレーを知っている顧問の先生がおらず、教頭先生が顧問を引き受けていた。
娘に「指導は誰がしてるの?」と尋ねると、外部からひとりコーチが来ているという。
「お父さんも、行ってもいいかな?」と尋ねると、「いんじゃない…」と。
アポなし、飛び込みで練習に行った。
その時来ていた外部コーチの石さんと、出会いがあり、今、一緒にソフトバレーもやっている。
そして、教頭からの依頼もあり、本格的に、石さんと私の指導が始まった。
私が指導に参画したのは、8月の総体直前のことだった。
3年生にとって、総体は最後の大会になる。
その時の3年のエースが、実は中学一の問題児だったのだ。
(バレー部は、その後3年間で、二人の女子ナンバーワンの問題児を抱えることになった)
当時、3年生は4人しかおらず、総体には3年と2年の混成で望むことになった。
そして、その3年生エースが、大会前に、やってくれた!
石さんに「無断遅刻」を注意された。「お前、エースの自覚あるのか。みんなに謝れ」
彼女、「訳わかんねぇ…よ」ときた。
「わかんないなら、出行けよ。そんなエースは要らない!帰れ!」
彼女、「お前が出て行けよ」
sho…「バレーは、チームでやるもんだよ。わがまま言ってんじゃない!やる気無いんだろ、帰って
いいよ」
そして、彼女は、すたすたと体育館を出て行った。
出て行く彼女を、実は、私たちは、ある確信を持って見守っていた…。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
中学女子バレー部指導録@ ソフトバレーsho/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる