ソフトバレーsho

アクセスカウンタ

zoom RSS サーブの戦略

<<   作成日時 : 2006/03/30 08:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 12

『サーブ』の重要性と戦略について、あらためて考えて見ます。
ソフトバレーでも、9人制、6人制でも、まずは『サーブ』から始まります。
バレーには、レシーブ、トス、スパイクと、一連の流れがありますが、スタートは『サーブ』です。
サーブ権が相手チームで、レシーブスタートであったとしても、始まりはサーブです。
ここに、『サーブ』の戦略のヒントがあるのです。

バレーは、『リズム』が支配するスポーツです。
自チームの『リズム』に乗せた方が、勝利を獲得します。
その『リズム』に自チームが乗り、相手チームを乗せないために、最も重要なプレーが『サーブ』なのです。

「あなたのチームの勝ちパターンは何ですか?」と問われて、どのように答えるでしょう。

いわく 「粘り強いレシーブで繋いでいくバレーです…」

いわく 「エースを中心に、真っ向勝負のバレーです…」

いわく 「速攻や移動攻撃を武器にした、コンビバレーです…」

様々な、自チームの『勝ちパターン』が存在すると思います。

『勝ちパターン』は、自チームを自チームから見た視点です。
ところが、この『勝ちパターン』を作り出すためには、
相手の『サーブ』を適切にレシーブしなければなりません。

相手チームからすれば、
リズムを崩し『勝ちパターン』を封印するのが、『サーブ』だという事になります。
勿論、良いサーブは直接得点を取ることさえ可能です。

例えば、「粘り強いレシーブで繋いでいく」チームと、「速攻や移動攻撃を武器にした、コンビバレー」のチームが対戦したとします。
この『勝ちパターン』は、相手がどうであれ、譲れないものです。
自分達のバレーが出来た方が勝ちなのですから。

しかし、『サーブ』は、相手チームの状況に対応して、変更できるはずです。
いや、変更しなければならないのです。

サイドラインを攻める『サーブ』。
エンドラインいっぱいを狙う『サーブ』。
特定のレシーバーを狙い打ちする『サーブ』。
セッターを狙う『サーブ」。
前後のプレーヤーの間に落とす『サーブ』。
左右のプレーヤーの間に落とす『サーブ』。。。

これを、各プレーヤーが、バラバラに判断するのでなく、チームとしての統一した『戦略』をもってすれば、相手チームの『勝ちパターン』を崩すことも可能になるでしょう。
『戦略』とは『方向性』です。
単に、落ちるサーブを打つとか伸びるサーブを打つとか、『サーブ』の質だけに留まらないない事なのです。

いかがでしょうか。
あなたのチームは、試合に際し、『サーブの戦略』を立てていますか?
それを、全員で実行していますか?

「やってますとも!!」

そうですか…。
良かった。
あなたのチームは、きっと強豪チームに違いありません!

私も、自チームのメンバーとともに、再認識したいと思います。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
サーブの戦略/サーブ順
昨年の12月に、恐る恐るブログを始めて以来、まるまる6ヶ月が過ぎました。 この間、3月30日に書いたエントリー(記事)『サーブの戦略』のアクセス数が、300を越えました。 ...続きを見る
ソフトバレーsho
2006/06/27 21:30

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
早速娘に読ませます(^^)v
>相手チームの状況に対応し、チームとしての統一した『戦略』をもってするサーブ。
=サーブに苦しんでいる娘。まずは自分の形を習得し、打ちわけが出来るようになって欲しいです。
どん母
2006/03/30 09:23
shoさん、こんにちは。
【サーブの戦略】
読んでて、うなずきっぱなしです。
「各プレーヤーが、バラバラに判断するのでなく、チームとしての統一した『戦略』」
う〜ん、、、またうなずいてしまった(笑
イケちゃん
2006/03/30 12:29
shoさん こんにちは。
このページ
ウチのメンバーに読ませたい!
味方のサーブで崩れたくないですね!
どうせなら、バシッと決められたら諦めも尽きますが… f(^^;)
るみ姉
2006/03/30 15:28
どん母さん、こんにちは。
どんちゃんも、頑張っているようですね!
『まずは、自分の形の習得』…大切です。打ちわけは、『意図』が明確であれば、意外と出来てしまうものだと思います。自分の形に自信が持てるまで、数を打つ事が大事と、どんちゃんにお伝え下さい。
sho
2006/03/30 16:41
イケちゃん、こんにちは。
イケちゃんが監督をしている「ママさんバレーチーム」ではいかがですか?サーブのレベル自体、そこまでいかない選手の方もいるかも知れませんが、相手チームに応じた、イケちゃん流『サーブ統一戦略』を描いて、戦ってみてください。
その結果も、教えていただければ嬉しいです。。。
sho
2006/03/30 16:50
こんにちわ(^^)いつも楽しく読ませていただいてます。サーブ&サーブカット、これはバレーの永遠の課題と言ってもいいくらい重要ですよね。うちのチームでは毎試合ごとに、ミス気にせず攻めるサーブを打つ人と、必ず入れるサーブを入れる人と交互に配置しています。ちょっと変則的な方式かもですが「今日は攻めるぞ!」とか、気持ちが固まって悪くはないですね(笑)入れなきゃならない人がミスったり、攻める人が攻めきれなかったりした時には、容赦なくブーイングですし(笑)ちなみにこれは、コーチの案です。
marpy
2006/03/30 16:52
るみ姉さん、こんにちは。
是非、チームの皆さんに読んで頂いてください。。。
こういう事って分かってはいても、つい、疎かにしてしまうんです。相手チームが、このような『戦略的』なサーブを打ってきたら…、すっごく!嫌ですよね。自分が嫌なことは、相手チームにとっても嫌なこと。そう、だからどんどんやってしまいましょう!
sho
2006/03/30 16:59
marpyさん、こんにちは。
サーブとサーブレシーブって、ホントに基本です。手堅い人と攻撃的な人を交互の配すというのも面白いですね。デモ、6人制でしょ?9人制ですか?6人制だと、難しいんじゃないですか。。。?
sho
2006/03/30 18:04
こんばんわ(^^)3:3で攻める人と手堅く行く人に分けるんです。その試合毎に変えるんですね。でも実は最近ではメンバーが固まってないので、その戦法は封印してるのが実情です(--;)
この、サーブの事についてはまた自分のブログの方にでも書いてみたいと思います〜(^^)
marpy
2006/03/30 21:36
なるほど、なるほど…。
色々な戦略・戦術があるもんですね。
サーブに関するmarpyさんのブログ…、楽しみに待ってますね!
sho
2006/03/30 22:47
こんばんは〜shoさん♪
コメントありがとうございましたm(__)m
明日の午後出発いたします(今日ですね;)

>あなたのチームの勝ちパターンは何ですか?
なかなか答えられません(ーー;)
負けパターンはその相手チームのサーブ戦略によって崩される・・・ことははっきり言えます!
まだまだ、いろんなこと考えなくてはいけませんね〜って、チーム全体の意識が違うのが一番怖いところです(~_~;)
mitsu
2006/03/31 00:25
mitsuさん、審判講習、『いってらっしゃいませ』!

誰の言葉だか忘れましたが(野村監督だったかな?)、『勝ちに方程式はない、だが、負けには明確な原因がある』という言葉を思い出しました。

そして、一番難しいのが、『チーム全体の意識段差』かも知れません。だからこそ…、バレーは面白い!!
sho
2006/03/31 07:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
サーブの戦略 ソフトバレーsho/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる