ソフトバレーsho

アクセスカウンタ

zoom RSS 中学女子バレー部指導録L

<<   作成日時 : 2006/04/03 22:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 12

体育館。
全員整列して、挨拶。
本日の練習についての伝達の後、1年生は、O先生と校庭で別練習。
ランニングや、パス遊び?!を中心にやっているらしい…。
2、3年生は、体育館で、ビッチリ練習している。
これが、土日の練習風景だ。
そのため、1年生の顔と名前が一致しない。
体育館の練習でも、2.3年が皆で球拾いだ。
1年生は、球拾いもしない!

これでいいのか?
土日は、1年生にも極力ボールに触れさせたい。
折角、指導者が3人もいるのだから、それも可能だろう。

そうして、溝はますます広がっていった。

或る日、先生から一言…。

「すみませーん。今日は、1年生も見てもらえますか?私、チョッと忙しいので…」

「分かりました。大丈夫ですよ!」

体育館に机を持ち込んだ先生は、おもむろに「数学」の採点を始めた。

それならば、職員室でやれば良いでしょう!
どいう気持ちなんだろう?

私たちといえば、土日しか練習に来れない。
平日は、先生が全学年を監督しているのだ。
平日の様子は分からないが、1年生はといえば、いつまでたっても、まるでお客さん。
ニコニコ。ペチャペチャ…。
まるで緊張感なし。

その影響が、2年生まで出てきている。

このところ、2年生も緊張感がない。

どうやら、O先生は、子供たちとお友達でいたいらしい。
練習中も、部員たちと楽しそうに冗談を交わしている。
赴任してきたばかりの先生にとっては、いたずらに摩擦を起したくないということなのだろうか?

せめて、この3年生の卒業まで…、黙っていてくれないか!

苛々を募らせながら、『総体』が迫っていた。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
中学女子バレー部指導録@
地元中学の女子バレー部の指導録を、何回かに分けて書き綴っておこうと思う。 自分にとっても、部員であった娘にとっても、忘れられない3年間だった。 娘の入部当時、バレーを知っている顧問の先生がおらず、教頭先生が顧問を引き受けていた。 娘に「指導は誰がしてるの?」と尋ねると、外部からひとりコーチが来ているという。 「お父さんも、行ってもいいかな?」と尋ねると、「いんじゃない…」と。 アポなし、飛び込みで練習に行った。 その時来ていた外部コーチの石さんと、出会いがあり、今、一緒にソフト... ...続きを見る
ソフトバレーsho
2006/04/05 18:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
>子供たちとお友達でいたいらしい
=これって困りますね。うちの中学は校長先生からしてこれです(ーー;) 赴任3年目にして早くも異動、なんてことはないとはわかっていても、1日の新聞は期待して見てしまったのでした。頼みの綱の副校長先生はやっぱり異動。どうなってしまうのか、心配です。
sai
2006/04/04 08:56
saiさん、こんにちは。
子供たちをコントロールするには、それが良いと考えている節があります。そもそも正面向いてないって事です。やり切れませんね。。。
ところで、副校長って役職あるんですか…?では、教頭もいるのですか?
sho
2006/04/04 13:23
こちらでは去年から教頭を副校長と呼ぶようになりました。これによって、副校長も学校経営担当となり、教科を受け持つことはなくなりました。
sai
2006/04/04 15:09
saiさん、返答ありがとうございます。
そうでしたか…。
教頭も民間から採用できるようになると、聞いていましたが、そういう関係もあるんですね。
いずれにしても、学校教育って、根本から考え直す時にきていると思います。。。
sho
2006/04/04 16:51
私は古い人間なので
授業をしない先生なんて・・・と思ってしまいます。校長先生の授業なんて、ほんとにまれでしたが、ドキドキしても楽しかったです。
sai
2006/04/04 17:11
そういえば、お休みの先生に代わって、校長の授業、ありましたね。。。普段、話したこともなかったから、緊張した覚えがあります。
美術や技術の先生は、なにか職人的だった記憶もあります。良くも悪くも、個性的な先生が沢山いたな。。。
sho
2006/04/04 21:37
なかなかうまくいきませんねぇ。
平日はO先生が指導されているということですが、指導方針が一貫していないと、子供達が戸惑うんじゃないですか?
学校の部活の指導者って、先生相手にいろいろ大変なんですね。(汗)
やんくみ
2006/04/04 22:55
やんくみさん、こんばんは。

子供たちにとっては、やっぱり先生なんですよ。影響は大きいです。それが良い方向ならば、言う事はないのですが。。。

今でも、『無力感』は拭えません。
sho
2006/04/04 23:11
こんにちは。
いろいろ大変そうですね(汗
学年分けての練習は、頂けませんよね・・・。
先輩のプレー姿を見て学ぶことは多々ありますし・・・。
イケちゃん
2006/04/05 13:16
イケちゃんこんにちは。
学年分けての練習は、多分、先生の分断作戦だったと思います。つまり、あなた方外部コーチは、2年生まで。後はお引取り下さいという……。市内の大会では、数名のカリスマ先生の率いるチームが常勝なんですが、当時、T中も、その一翼を担えるくらいのポジションにありましたし、その点でも、O先生はチャンスと感じたかも知れません。確かに二人の外部コーチは、疎い存在だったと思いますよ。それにしても、かわいそうなのは子供たちですよね。。。
sho
2006/04/05 14:48
そですか・・・、土日練習するぐらいなのでかなり力が入ってると感じてましたが・・・。外部コーチってそちらでは一般的なんですか?こっちではあまり聞かないんで・・・。
イケちゃん
2006/04/05 17:30
イケちゃん、外部コーチは、必ずしも一般的ではありません。市内でも2〜3校でしょうか。詳細は、『中学女子バレー部指導録@』をご覧いただきたいのですが、縁あっての事でした。私が携わる前から、isiさんが数年に渡って指導してくれてました。お陰様で、T中バレー部が廃部になることもなく、継続できたのだと思います。むしろ外部コーチを一般的にするためのも、働きかけていこうと考えているところです。この辺の事は、後ほど詳しくブログに書いていきます。
sho
2006/04/05 17:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
中学女子バレー部指導録L ソフトバレーsho/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる