ソフトバレーsho

アクセスカウンタ

zoom RSS アタッカーに必要な『攻撃のコンセプト』

<<   作成日時 : 2006/04/06 08:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

アタッカーには、特に必要な『資質』があります。
身長、ジャンプ力、背筋力、腹筋力、地肩の強さ、手首の強さ、そして、ミートのセンス等です。
すべて備わっているのであれば、得意なコースに思いっきり打てば良いでしょう。
結果も出ると思います。
しかし、どこか弱点やハンデがあるとすれば?
どう克服すればいいのでしょうか……?

そこでクローズアップされるのが、『頭を使うこと』。
すなわち『考える』ということです。

何を『考える』のか……?

それは、『攻撃のコンセプト』についてです。
アタッカーは、『攻撃のコンセプト』を持って、アタックを打たなければならないという事です。

アタッカーがアタックを打つ時、何を考えているでしょうか。
勿論、相手のブロックやレシーブの状況を判断して、コースや強弱を決めていると思います。

しかし、本当に、考えて打っていますか?
それが都度、都度の判断になっていませんか?
打つ前には、誰でも考えていると思いますが、いざ打つ時には、夢中で打ってませんか?

大切なことは、『得点』を取り、ゲームに勝利することです。
ゲームの流れを通じて、『どこを、どう攻めるのか』意識することが、『攻撃のコンセプト』を持つという事です。

仮に、今、1本スパイクを打ち終わって、「なにを考えて打ったの?」と聞かれて、直ぐに答えられるでしょうか。
「ここは勝負だから、思いっきり打ったよ!」
これでは答えになりません。

どんな勝負を仕掛けたのか。
ここが重要です。
特に、ワンタッチを数え、ブロックの枚数が多い9人制では、なおさらアタッカーが『攻撃のコンセプト』を持つことが必要になります。

例えば、「ブロックアウトを狙った」とか、「ブロックが割れているので、間に打った」とか、「クロス打ちで、相手レシーバーと勝負した」とかです。
ブロックと勝負するのか、ブロックを避けてレシーバーと勝負するのか……。
はっきりさせることです。

思い切りも必要です。
しかし、思いっきり打つというプレーは、あくまでも、この『攻撃のコンセプト』に則ったものでなければなりません。

『ワンタッチを取る』ことを狙えば、相手はあと2本しか使えません(9人制の場合)。
チャンスが返ってくる確立も上がります。

このように試合の流れを判断しながら、『攻撃のコンセプト』をキチッと持ってアタックを打つことによって、効率良く得点を期待することが出来るのです。

また、上手くいかない場合でも、『コンセプト』が明確ならば、修正することが可能です。

なにも考えずに打っていたら、修正すら出来ません。

闇雲に打った失敗は非難されても、『コンセプト』を持ったうえの失敗は、次に繋がるプレーです。

各ポジションによって、考え方のポイントが違うのですが、アタッカーが考えるポイントは、『攻撃のコンセプト』です!










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
バシッと決まったスパイクは気持ちいいですが、頭を使って取った1点はまた格別の嬉しさがありますね(^_^)v そうやって取った点は、いつまでも覚えているのではないかと思います。
どん母
2006/04/06 10:57
saiさん、こんにちは。
皆が皆、アタッカーの資質に恵まれているわけではありませんからね。特に、小さくても、優れたアタッカーほど、『攻撃のコンセプト』持っています。。。
sho
2006/04/06 11:44
9人制でバックから見ていて感じること!
ブロックの枚数は声に出して教えていますが…果たして聴いているのやら…。トスが上がって『2枚または3枚』とブロックの枚数を教えたとしても、思いっきり打ってるだけですね〜。結果として『ブロックアウトなり何なり』で得点に繋がってる”だけ”です。コースを打ち分ける力もブロックアウトを狙う力も技術も、私の行ってるクラブメンバーにはまだまだのようです。『ただ思いっきり、打てる時は打つ・タイミングがずれてフェイントになっただけ』で、あえてフェイントを取りにいったのではない!後ろから見ていて勿体ないと感じる事は多々あります。『みんなで楽しいバレー』と『試合に勝つためのバレー練習』との意識の違いが攻撃力・守備力に差が出るのではないでしょうか? まずは意識改革からですね!
るみ姉
2006/04/06 11:58
いろいろ考えさせられる内容でした。果たして自分は何を考えて打っているのか?読みながら考えていました。確かに「コンセプト」を持って打ったアタックは覚えています。でも、ただ思いっきり打ってるだけの時があるのは事実です。
これからは、しっかりした「コンセプト」を持って打っていこうと思います。ありがとうございました。
やんくみ
2006/04/06 22:58
るみ姉さん、こんにちは。
後から見ていると、本当に色々なことが見えてきますね。『コンセプト』が先か、『技術』が先か。。。『ニワトリ』が先か『たまご』が先かの議論のようですが、たとえ初心者であっても、それなりに『コンセプト』を持ってプレーしたほうが良いと思います。その方が上達も早いですよね…。
sho
2006/04/07 12:54
やんくみさん、こんにちは。
自分がプレーしていても、時として、何も考えずに打っていることがあります。
自戒をこめて書きましたが、特に、負けムードを立て直したいとうい時には、キチット考えていかなければと思います。
お互い頑張りましょう!
sho
2006/04/07 12:59
時に(まれに?です)余裕があると相手の「あな」が見えます。フェイントできるところやブロックの手薄な所など等、それがいつも余裕や点差があればいいのですけど、接戦になると無我夢中ということも(~_~;)バックにいる方は冷静に良く見えると思いますので、「頭」使ってチームで勝ちに行きたいものですね。
mitsu
2006/04/07 16:38
mitsuさん、こんにちは。
無我夢中、一本気にアタック打って、結果オーライ…という事もあるんですけどね。

特にソフトバレーでは、リズムに乗れないと、あっという間に終わってしまいますから、常に『コンセプト』を持って攻めようと、自分に言い聞かせています。。。
sho
2006/04/07 18:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
アタッカーに必要な『攻撃のコンセプト』 ソフトバレーsho/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる