ソフトバレーsho

アクセスカウンタ

zoom RSS 「相談事 その1」について

<<   作成日時 : 2006/04/13 17:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

相談事 その1」について
shoの意見を言いますね。
フォーメーションが判らないので、適切でないかも知れませんが…。
ソフトバレー(4人制)って、ある意味『捨てる』競技だと思うんです。例えば、ストレートコースは『捨てる』、強打は『捨てる』、フェイントは『捨てる』…。すべての事態に対応しようと思うと、すべてが中途半端になるおそれがあるんです。
そこで、どうでしょう。
レシーブを想定した場合、動きの良いBさんに、す・べ・て・の強打(軟攻も含む)を任せる(どこに位置するかの読みも含めて)。その場合、ブロックが2名。もう1名は、フェイントカバー。ブロックが抜かれたり、逆コースに強打を決められたら、諦める!
もともとソフトバレーでは、強打のレシーブを上手く上げ得る確率は、決して高くありません。それだけに、あえて強打のレシーブを『捨て』、ブロックでコースを押さえて、あとはフェイントや、軟攻に的を絞って警戒する戦法でも、充分に通用すると思います。Bさんの動きが良いのであれば、レシーブのタイミングを軟攻に合わせて、思う存分動いてもらっても良いのではないでしょうか。。。
あとはブロックに集中し、フェイントは絶対取る。
るみ姉さんがセッターであれば、フェイントカバーに入るのが良いと思います。ブロックがワンタッチしてくれれば、Bさんが拾い、るみ姉さんがツートス上げられますよね。
これでどうでしょうか(サブレシーブは想定していませんが)。。。
サーブレシーブの場合は、取れるボールは全部とって良いよとBさんに任せるのも手だと思います。どっちが取るか迷うよりは、その方が良いでしょう。そのかわり、カバーはシッカリ!
Aさんの精神的なフォローは…どうしましょう?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
shoさん、考えて頂いてありがとうございます。
涙が出てきます。感謝です。

私を入れたこの女子メンバー『3人』は、
9・6・4人制と同チームです。
だから厄介なんです。
どこかに何らかの形で参加する時は、
このメンバーなんです。(個人的な都合以外は、殆ど練習も休みません)
メインは9・4人制!
お誘いがあれば『出稼ぎ』にも行きます。
やはり経験値を上げないと行けないし、回数を増やすことで、コミニュケーションは計れる!
ただ、9・6・4と自分のポジションが、なぜ『そこ』なのか、何故『あそこ』ではないのかの自分のプレーをかえりみて、どうして『ここ』なのか、どうして『あそこ』に行けないのか、自己解決・納得をしてプレーすると変わるのだろうなぁ!
るみ姉
2006/04/14 11:31
こんにちは。
いつもながら、shoさんの意見にはうなずきっぱなしです(笑。
捨てる競技というのには同感です。
フェイント、強打とすべて拾うのは困難ですよね。指導者の中には、フェイントを決められると「もっと前で構えろ」とか奥へのプッシュを決められると「なんでそんなに前にいてるんだ」とか結果論でしか話をしない人が結構います。すべてとるのは無理なのに・・・。
イケちゃん
2006/04/14 12:34
るみ姉さん、こんにちは。
そうですか…。ユニットなんですね。
おっしゃる通り、経験値は大事です。
コミュニケーションを重ねるうちに、チームプレーの精度は、上がってくると思います。
頑張って下さい!
sho
2006/04/14 16:21
イケちゃん、こんにちは。
ホント、結果論しか言わない指導者…いますよね!
実は、『捨てる』事って、勇気のいることですから、責任をもてない指導者には、なかなか言えないことなんでしょう。
sho
2006/04/14 16:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
「相談事 その1」について ソフトバレーsho/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる