ソフトバレーsho

アクセスカウンタ

zoom RSS いつでも『臨場感』を持て/三砂小練習日記

<<   作成日時 : 2006/06/29 08:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

昨日の三砂小練習。
ソフトバレー(PTA)の練習と半々。
人数が少なかったので、私とisiさんもコートに入る…。
おかげさま、良い汗かけました!

その後は、正規の練習へ。

スリーメン
サーブカット(サーブ練習兼)⇒左右にアタッカーをつける
2段トス⇒レフト側オープンのみ
最後に、アタック調整練習(レフトセミ、ライトセミ)

サーブの状況は、『最悪』。
何が『最悪』かといえば、1本ミスをしたら、次は『セカンドサーブ』の『意識』で打たなければならない。
しかし、ミスをした『ファーストサーブ』を打ち直す感覚で打ってしまう。
結果、ダブル。
また、同じ『意識』で打ち直し。
また、ミス。(レシーブ側、練習にならん!)

これでは、『ファーストサーブ』も『セカンドサーブ』も良くならない。

サーブ練習は、いつでも『臨場感』を持って!!試合中に打ってるつもりで、1本1本集中して打って欲しいものだ。


対するレシーブ。
全体に、ボールとの距離が遠すぎる。
もう一歩、踏み込まないと…。
おまけに、上半身だけで処理(力が入りすぎ)している。

上半身はリラックスして、シッカリボールに正対して、そして、丁寧に!上げる。
サーブレシーブは、カラダのバランスが大切だ。

2段トス。
バックポジションから、キッチリ上げるのはシンドイかも知れないが、ハーフポジションからは、キッチリ上げてもらいたい!
ここは、レシーバーとトスを上げるもの、アタッカーの『息』が大切だ。
その『息』を感じ取ってもらいたいのだ。

アタックに関しては、次のステップ…即ち、戦術に進めるのは、今のところhottiだけ。

昨日は、アタッカーが少なく、hottiとnaoだけだったが、naoには是非、成長してもらいたいと思う。
それだけのキャパはあるのだから…。

勝ち抜いていくのに、アタッカーは一人では無理だ。

クラブとの兼ね合いもあるが、『自分はライト』という固定観念を捨てること!

ポジションはともかく、点を取れるアタッカーを目指せ!!
それには、シッカリ、ミートできることが必要だ。

最後に、全員でセミのアタック練習をしたが、この練習は、naoのための10分間だったという事が分ったかな?

ps:昨日の『焦点プレーヤー』は…nao。
これからは、その日、その日、一人ずつ課題を浮き彫りにしていこう…と思う。










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
内容のある練習の構成ですね。
職域では、大体の練習の流れは決まっているし、ソフバでも統一性がなかったり。
試合前になんとなく、それとなく練習するくらいです。みんな『我』が強く意見を言うだけで個人のプレーを見直そうとはしません。
よって、自分たちに関わりのないチームや試合を見て、吸収しようとすることもしません。
練習終わってのミーティングに参加する人数も少ないです。 (; '_`) 根本的な意識改革が必要だと思っております。ああしよう、こうしようとの意見の裏に、個々の意見や動きを抑えられたと解釈するメンバーが多いのでしょうか? 先に進めません。だから、放っておくのでしょう! いちいち一人一人の意見やポジションを聞き対応するなんて出来ないですからね。一人の意見を受け入れたら他の人が反発するし、なかなか厳しい状況です。はい…。
shoサンの指導を受けてみたいものです。
るみ姉
2006/06/29 09:50
監督!昨日はお疲れ様でした!
そうでしたか最後10分アタックはnaoでしたか?私はわかりませんでした。解らないのは私だけ??すいません。
常に次の人のことを考えて・・私ならセッターが楽になる、トスをあげやすくレシーブする
を心がけて・・今はプレーですぐ焦って丁寧さがなくなってしまってます。気持ちとレシーブがバラバラ(p_・q) これからの私の課題は一杯!練習すればするほど課題が増えています
・・・(--、)
sono
2006/06/29 15:55
昨日はお疲れ様でした。アタック練習の時に、naoにトスを沢山上げているな・・とは感じていました。・・と言うより、私にトスが上がらないな・・と思っていたので、そう感じた訳で・・・・
naoは言われていることはすごく良く分かっているはずです。しかしどのタイミングで打つのがベストなのかが理解できていません。恐らく悩んでいるでしょう・・・(監督・コーチも既におわかりでしょうが・・・)
私もアタックに関しては、もっと積極的に教えられる範囲で伝えていこうと思います。まずは、昨日コーチが言っていた「打つ位置」をしっかり教えます。教える事で私自身の再確認=修正すると言う意味でプラスになりますからね。。。。
hotti
2006/06/29 17:11
練習・・・焦点を絞って教えられることで選手はきっとその日から何かを感じ意識してプレーするようになると思います。
前向きな監督・コーチの姿勢にきっと答えが返る日が来ますよね。
mitsu
2006/06/29 17:25
なかなか練習に行けなくてすみません。初心者で人一倍練習をしなきゃいけないのにとは思っているのですが…。7月は毎週水曜日行きますのでよろしくお願いします。
アタックにしてもブロックにしても、タイミングがぜんぜんつかめず焦っているだけ(背が高いだけ)のyoneでした。
yone
2006/06/29 22:05
るみ姉さん、おはようございます。
練習の構成は、実際のところ苦労します。集まる顔ぶれも、人数も、行って見なければ分らないですから…。とりあえず、8月までは、基本的な練習で、各自の調整をやっていこうと考えているので、『現場!』で、皆の顔を見てから、練習の構成を決めます。心がけていることは、満遍なく皆を動かす事。折角、練習にでてきたのに『球拾い』では、洒落にならないですからね。集中的に、特定の練習もやりたいのですが、そうすると、どうしても練習量に差が出てしまいますので、この辺りが難しいところです。
多分、練習の構成を考え直すことで、チームの『意識』も変わっていくのではないでしょうか…。
sho
2006/06/30 07:40
sono、用事があったのに、練習に来てくれてありがとう!
sonoにとって、今年はPTA最後のシーズンです。そこで提案ですが、この際、レシーブの細かい事は気にせずに、チームに対する『声掛け』に徹してみたらどうでしょう…?そういう立場でしょう!気持ちが外に向くことによって、かえって、自分のプレーに自信を持ってやれると思うんですよ。
練習になると、どうしても気持ちが内向きになってしまって、かえって動けない…。
チームの中で、ある意味、もっと目立つ存在になる事です。
きっと結果はでますから!!
sho
2006/06/30 07:53
hotti、コメントありがとう!
naoの事は、心がけてアドバイスして下さい。頼みます!今、『壁』なんだよね…。でも、これを乗り越えないと、アタッカーとしては通用しない。でも、naoなら必ず出来る!と思っています。
hotti自身の事では、まず、チャンスの時の『平行』を、シッカリ形にして下さい。nakaにもメール入れておきますけど、これが『決めパターン』になるように。もう一点、ストレートの精度を上げる事と、このストレートからのブロックアウトも練習していきましょう。
まずは、この2点!
sho
2006/06/30 08:02
mitsuさん、コメントありがとうございます。
引き受けた以上は、一生懸命やろうと考えています。練習方法は、すべて私が考えていますが、コーチのisiさんとは意思の疎通が出来ていますし、何よりも、isiさんは、練習の意図を直ぐに理解してくれます。
このコンビで、三砂の皆に、楽しんでもらえるよう頑張りたいと思っています。
また、気が付いたことなどありましたら、ドンドンコメント下さい。
mitsuさん、いつもありがとう!!
sho
2006/06/30 08:10
yone、コメントありがとう!
なかなか練習に出て来れないので、心配してました。7月は頑張りましょうね。
yoneには、相手チームの『脅威』になってもらはなくてはなりません。でも、焦ることもないですよ。一生懸命練習していれば、或る日、突然できるようになります!特に、アタックは、いつも言うように、フォーム60%、タイミング40%です。今は、シッカリ、フォームを作ってください。
もう一つ、ブロックのスペシャリストになれっ!!
sho
2006/06/30 08:17
こんにちはー。
アツイ練習をされてる事が伝わってきます(u_u*)
shoさんのような人に教わるって事は、恵まれてることだと思います(u_u*)
イケちゃん
2006/07/03 12:43
イケちゃん、いつもコメントありがとうございます!
まだまだ始まったばかりですが、頑張ってやっていこうと思っています。。。!

sho
2006/07/03 16:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
いつでも『臨場感』を持て/三砂小練習日記 ソフトバレーsho/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる