ソフトバレーsho

アクセスカウンタ

zoom RSS オフェンスとディフェンス/ママさんバレーの戦略と戦術@

<<   作成日時 : 2006/08/09 17:07   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

バレーボールには二つの局面があります。
『オフェンス』(攻撃)と『ディフェンス』(守備)です。

プレヤーが、コートやピッチで交錯する、バスケット、サッカー、ラグビー等の競技では、『オフェンス』と『ディフェンス』は、比較的分業化されており、得点を取りにいくのが『オフェンス』、相手チームの得点を阻止するのが『ディフェンス』となっています。

ところが、バレーボールでは、『オフェンス』、『ディフェンス』ともに、得点を期するプレーなのです。
それが、渾然一体となってゲームが進んでいきます。

同じネットを挟む競技であっても、卓球やテニス、バトミントンでは、一発返球ですから、常に局面は『オフェンス』だといえます。
実際に、自分がショートテニスをやる時にも、「どう攻めるか」が課題です。

そういう意味でも、バレーボールには独自性があります。

バレーボールの場合、正確に表現すれば、『オフェンス的(攻撃的)局面』と、『ディフェンス的(守備的)局面』の二つがある、ということになるのです。

バレーボールの『オフェンス局面』、それはサーブレシーブから始まります。
『ディフェンス局面』、それはサーブから始まるのです。

いかがですか?
逆の感覚がありませんでしたか…?
サーブは攻撃。
サーブレシーブは守備だと。

実際には、サーブ権を持つ、ここからが『ディフェンス』であり、サーブカットから始まる、ここは『オフェンス』なのです。

サーブから入る場合、とかく攻撃の局面と捉えてしまいますが、実際には、サーブで相手を崩すこと(究極はサーブでのポイントですが)から始まり、相手の攻撃をブロックで凌ぎ、次にレシーブで対応し、何とか繋いで自チームのアタックまでいかにして持っていくのか…という『ディフェンス的局面』なのです。

トスに勝ってサーブ権を選択する場合、それは『守備的局面から入る』という事を意味しているのです。

反対に、サーブレシーブから始まるのは、セッターに繋ぎ、自チームの攻撃パターンを駆使しての『攻撃』そのものなのです。

これこそが、『攻撃的局面』です。

サーブレシーブは『オフェンス(攻撃)的』局面でのプレーであり、強打やフェイントのレシーブこそが、『ディフェンス(守備)的』局面でのプレーということになります。

このような、局面の違いを『意識』して、練習を組み立て、あるいは、練習の中での『意識』付けを行っていく必要があるのではないでしょうか。

例えば、サーブレシーブ。
レシーバー一人一人の中に、これから『攻撃』するのだという明確な『意識』がなければなりません。
自チームの攻撃を、最も有利に展開するためには何が必要ですか?
…そう、セッターに正確に返すことです。
『守り』の気持ちでレシーブしたり、なんとなくレシーブするのでは、相手チームに与えるプレッシャーも違ってきます。

一方、自チームのサーブから始まる局面では、強打であれフェイントであれ、相手チームの動きを良く観察した上で、素早く動き、一旦上がったボールは、何としてでも繋いで攻撃に繋げるという『意識』が必要なのです。

そして、自チームの守りを有利に展開するために、最も有効な方策が、サーブです。

やはり、バレーボールは、サーブとサーブレシーブが『カギ』なのだという事が分ります。

このように、『オフェンス(攻撃)的』局面と、『ディフェンス(守備)的』局面を別けて、さらに掘り下げて考えてみたいと思います。
特に、ママさんバレーの9人制に焦点を合わせて、何回かに分けて書いていこうと思います。

勿論、6人制であっても、ラリーポイントであることに変わりはありませんから、ポジショニングやフォーメーションは別としても、『戦略や戦術』には通じるところがあると思います。

また、『オフェンス(攻撃)的』局面からの得点率、すなわち『サイドアウト率』という事にも、強い関心があります。
この『サイドアウト率』を高めることで、勝利に近づくことができると考えているからです。

このことも、後ほどまとめてみたいと思います。

さらに、後で分析がし易いように、試合や練習試合の際に、簡単につけられる『簡易スコア』も考えてみました。

これも、後ほどお知らせいたします。

皆さんの意見も伺いながら、ママさんバレーを中心とした9人制の『戦略と戦術』を集大成できたら良いなと、大それた事を考えています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます
目からウロコです。
サーブでの得点力、サーブレシーブでの得点力、ここずっとモヤモヤしていたことが、わかったような気がします。
長くなりそうなので まとめて自分のブログでこのことについてかきますので、見てください

それから この戦略 ほしいのですけど・・・



Py
2006/08/10 09:39
お願いばかりで すみません・・・よろしくお願いします
Py
2006/08/10 09:40
Pyさん、取りいれられることは、ドンドン取り入れて下さい!
また、意見も聞かせて下さい。
Pyさんのブログも読ませていただきます。
バレーボールが、さらに楽しくなるように…、お互いに、色々掘り下げてみましょうよ・・・。
sho
2006/08/10 13:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
オフェンスとディフェンス/ママさんバレーの戦略と戦術@ ソフトバレーsho/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる