ソフトバレーsho

アクセスカウンタ

zoom RSS ミュンヘンへの道

<<   作成日時 : 2006/10/09 17:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 8

見ましたか?
NHK、『スポーツ史の一瞬』。

「ミュンヘンへの道、2700日プロジェクト」
東京オリンピックで銅メダルを取りながら、全くと言っていいほど評価されなかった、男子バレー、松平ジャパンのミュンヘンで金メダルを取るまでの戦いの歴史です。

我が家には、ビデオはないので、今の『気持ち』を残しておくためにも、やっぱり書いておかなければなりません。

久しぶりに聞く、『松平節』。

「今、褒められたいと思っちゃダメなんですよ。褒められるのは、5年先、10年先、死んでからでも良い」

「誰よりも…、誰・よ・り・も・一生懸命だといえますか?想いを遂げたかったら、その気持ちが大切です」

「オリンピックで金メダルを取るとい事は、と・て・つ・も・な・い・名誉でなければならない。皆、命がけでやるんですからね」

直ぐに結果だけを追求するような、現代の風潮があるが、当時、どの様にして8年に亘る挑戦を乗り越えたのかという、ナビゲーターの問いに応えた、松平さんのコメントです。

思わず、涙がこぼれそうになってしまいました…。

大古、横田、森田選手。

嶋岡選手のトスによる、Bクイック、Cクイック、素晴らしい!
時間差、一人時間差、素晴らしい!

フライングレシーブ、紐の先にボールを括り付け、それを飛び越える、あの練習。

傷だらけの南選手。

奇跡の大逆転。
準決勝のブルガリア戦。

もう、ウルウルでした。

当時の試合のVTR。
見るのは、やっぱり猫田選手。

チャンスが入る。
スッと前に出る、猫田選手。
どこに上げるのか?

えっ…、ここはやっぱりエース?!
2本、続けて横田選手に…。

高度化した現在のバレーでは考えられない、『義理と人情』と、『職人技』のバレー。

でも、好きです!
そういうバレー!

今では当たり前の、時間差や速攻が面白いように決まる。

ルールも変わり、バレーも変わりました…。

一つ、私だけの宝物があります。

中学でバレー部に入った私。
日曜日の或る日、近所の墨田公園で、バレー部メンバーと円陣パスをしていた時の事です。
ほとんど観客がいない「日ソ対抗バレー」を見に行った帰りです。
試合は、川向こうの「台東体育館」で行われていたのです。

ふらりと訪れた、とてつもなく大きな男の人が、「君たち、バレー部かい?一緒にパスしてもいいかな?」

その人は、南さんだったに違いないと、今でも信じています!
当時、みんなで、そう言い合っていたことを、昨日の事のように思い出しました。

数分、楽しそうにパスに興じ、「バレー、頑張れよ」と、その人は立ち去っていきました。

その南さんも、他界され、あこがれていた、猫田さんも他界されています。

私の背番号は、中学からずっと『2』でした。

勿論、今でも『2』番です。

バレーと、青春。
蘇ってきました。

久しぶりに、良い番組でした。
感動です!









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
元祖 天才少女「中田久美」
バレーねたです。しかも昔話です。 最近、私が最も応援している選手は、東レアローズの木村沙織選手です。 20歳にして東レアローズのエースで、全日本でも中心選手となっています。 そのうえ独特のキャラクターで、人気者になっています。 木村選手はバレーセンスが抜群で、高校生にして全日本に入るなど、まさに「天才少女」です。 木村選手については、多数のファンブログに記事がありますので、今日はそちらに譲ることにします。 <東レアローズ通信 地球支部> <こいっ!> ...続きを見る
ボランティア雑記帳
2007/02/09 20:14
ミュンヘンへの道
久しぶりに「バレーねた」です。 Vリーグはレギュラーラウンドが終了しました。 我が「東レアローズ」は6位となり、残念ながらセミファイナルに進出できませんでした。 (最終戦は素晴らしい試合でした!) でも、数十年ぶりにVリーグを真剣に観て、「やっぱりバレーはおもしろい!」とつくづく思いました。 今日は、そんな私がバレーファンになったきっかけ、「ミュンヘンへの道」について書きます。 ...続きを見る
ボランティア雑記帳
2007/04/03 20:18

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
残念・・・見逃しました(-_-;)
とても見たいと思ってしまいました。
すごいですね・・・shoさんの宝物。
胸が熱くなったと同時にバレーへの情熱の再確認でしたね。
mitsu
2006/10/10 13:12
mitsuさん、こんにちは。
見れませんでしたか…。
それは、本当に残念だったと思います。
もし、再放送があったら、必ずチェックしてくださいね。

不思議なものですね。
『宝物』の場面。鮮やかに、脳裡に蘇ってきました。最初は「優しく」、去るときは「きびし」感じで言葉を掛けていただいたことまで、思い出しました。
もしも、南さんだったとして(私は信じてますが)、何故、墨田公園を一人で歩いていたのか…。分るような気がします。東京オリンピックで銅メダルをとっているにも関わらず、当日の体育館(しかも、場末の区立体育館)は、ガラガラでしたから。私たちは、人数あわせの『動員』だったのです。
「日ソ対抗」の国際試合にも関わらずです…。今では考えられない、そんな時代もあったということですね。。。
sho
2006/10/10 15:31
こんにちは。

試合お疲れ様でした。
白熱した試合だったんですね。
次もあるということで、がんばってください♪

テレビ見ました。
たまたまテレビつけたらやっていてビックリ(笑

南選手に関する話がとても良かったです。
「勝てる試合には使わず、負ける試合に使う。」
シークレットウェポンのような・・・、
心の強い人にしかできませんよね・・・。
イケちゃん
2006/10/10 18:09
イケちゃん、こんばんは。
見てましたか…!
松平さんって、やっぱり言葉の魔術師だと思いました。「負けを覚悟した試合だからこそ、お前を使う。お前の『顔』で、点を取れ!」なんていわれたら、意気に感じてしまいますよね。
それにしても、それに応えた南さんは、さらに凄い!

PS:1ヶ月後には、「区小P」の大会があります。それに向けて、頑張ります。いつも応援、ありがとうございます!
sho
2006/10/10 18:52
感動ですね。
その気持ちずっと持ち続けて下さい。

ってか、shoさん、めちゃ★pure★です。
私も一度そんな大会に行き、それぞれの国の代表選手のプレーを見て来ました。その後、雑誌やTVで活躍されていると、何故かしら応援しています。そして低レベルながら、私も頑張ろうって思いますね。お婆ちゃんになっても続けて行きたいです。職域は無理だろうけど (^◇^;)
ソフバもあるし ヾ(*'O'*)ノ !!!!
脚は動かなくても手だけが動く『千手(←あえて千の手)観音ババァ』を目標に ♪(#^ー゜)

いつかどこかで、shoサンと逢えると良いですね! ゚+.゚m9(。ゝω・。)゚+.゚ 
るみ姉
2006/10/11 09:41
るみ姉さん、こんにちは。
やっぱり、バレーボールと青春時代とは、切っても切れないんですよね。最近は、いとも簡単に『タイムスリップ』してしまいます…。歳ですかね。
本当に、バレーはどこまでも続けていきたいと思います。現役のまま、パタッと逝けたらとも思います。
その前に?!、お逢いできると良いですね。
それもまた、人生の機微というものです!
sho
2006/10/11 13:17
GAMIです。
shoさんのブログを、古い記事から拾い読み(失礼)していて、この記事見つけました。
10月にこんな番組やってたんですね。
見れなくて残念でした。
ミュンヘンには私も思い出があるので、そのうちブログにも書こうと思います。
もう少し新しいところで、中田久美さんの記事を今日書きました。
よろしかったらコメントでも。では。
GAMI
2007/02/06 22:36
GAMIさん、おはようございます。
ブログをたどり読みしていただいて、ありがとうございます。
面白かったですよね…あの頃は…。やっぱり、オリンピックや世界的な大会で、メダルに絡まないとダメですよ。頑張って欲しいです…全日本チーム!
ところで、GAMIさんのブログ、中田久美さんに関するエントリー、後程、ゆっくり読ませていただきます。勿論、コメントも入れますので、宜しくお願い致します。
sho
2007/02/07 07:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
ミュンヘンへの道 ソフトバレーsho/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる