ソフトバレーsho

アクセスカウンタ

zoom RSS 自問自答…、自分が考えるバレーって何だ/三砂小練習日記

<<   作成日時 : 2006/11/18 10:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

「区小P」後、体育館が使えない事もあり、今週は練習なし。
12月24日には、「三砂杯」があるのだが、練習場所を求めての「ジプシー活動」が続きそうだ。
ここで、一旦、今春からの活動を総括し、PTAバレー全体の中での位置づけと、来年に向けての方向性を書き留めておこうと思う。

そもそも、私が考える『バレー』って、どんな『バレー』なのか。
まずは、自問自答してみることにする。

久しぶりに再会した、Aさん。
彼とは、『櫻楼倶楽部』時代、ある意味ライバルだった。
区を越える大会で、よく戦ったものだ。

その彼から、「相変わらず、あんたらしいバレーやってるね」と言われた。
なんだろう?
sho's volleyって…。

やはり、『攻撃』を中心とした『バレー』なのだと思う。

サーブレシーブからの『攻撃』(オフェンス的局面)
ブロック(デフェイス的局面)も、ある意味『攻撃』的な戦略を持たなければならない。
レシーバーに対する返球に『質』を問うこと。
それは、レシーブのためのレシーブではなく、攻撃のためのレシーブだから。
2段トス。
そして、セッターの『トスワーク』にこだわる事だ。

レシーブを軽視している訳ではない。
レシーブは、『攻撃戦略』の前提を構成する要素だという意識が大切なのだ。

高校時代、拾っても拾っても、上げても上げても、決められるアタッカーがいなかったという体験も大きい。
クラブチームでもプレーしてきたが、やはり、それなりにアタッカーがいたチームが楽しかったし、今でも印象に残っている。

点を取り合うのが、『バレーボール』
しかも、規定得点に早くたどりついたほうが、勝つ。

レシーブだけでは、勝てないのだ。

上にさえあげれば、誰かが『繋ぎ』、なんとか決めてくれると思えばこそ、レシーブ練習の苦しさも乗り越えていく事が出来るし、ファインプレーも生まれる。

レシーブには目的があり、それは、得点するため。
そのためには、『繋げる』という事を前提としたものでなければならないと思うのだ。

特に、ママさんバレーでは、レシーブは重要な要素ではあるが、それは必要条件。
さらに、攻撃力という、上位に行くための十分条件が『勝負』なのだと、痛感させられた。

レシーブは当たり前。
その上で、どんな攻撃の『決め』を有するかが勝負なのだ。

エース一人では、「区小P」優勝は難しい。
スーパーエースを擁した「越中島」も、準決勝で敗れている。

少なくとも、コンスタントにベスト8以上に入るには、2人以上の強力なアタッカーが必要だ。
出来れば3人。

優勝は、その位のレベルだろう。

準優勝した「二亀」の公式練習でのアタック。
4人が、セミでキッチリ打てる!
フォームもシッカリしている。
基本が出来ていることが、歴然だ。

その上で、役割分担があり、セッターのゲームメークが活きて来る。

振り返るに「三砂」。
得点可能なアタッカーは、一人半。

それを考えても、今回のベスト8は価値があったと思う。
皆で『繋いだ』勝利だったのだ。

来年に向けて…、アタックは『基本』からやり直しだ。
まずは、助走1歩から。
タイミングを合わせて両手キャッチ。
フェイント。
この辺りからだろう…。

そして、セッターのトスの精度を上げることは言うまでも無い。

レシーブも、厳しい練習になるだろう。

上位のチームに共通する事項。
2枚以上の攻撃力がある。
サーブ力がある。
ネット際が上手で、粘り強い。
バックプレーヤーの可動範囲が大きい…等々。

もう一つ、突出した戦略を持つチームが二つあった。
「明治」と「小名木川」。
「明治」は「区小P」に優勝し、「小名木川」は、「砂P」で優勝した。
いずれも、ここ10年来の常勝チーム、「二砂」を破っての優勝だ。

共通する『戦略』は、『ライト攻撃』。
左中心の『バレー常識』の対極だ。

「明治」は、セッターを極端にライト側に寄せ、ライトとセンターセミ(速攻)を中心に、事実上のライト2枚使いを企図する。

「小名木川」は、大型ライトオープンと、左利きのライトセミ(決して小さくない。オープンが大きすぎる?!)。
両チームともに、レフトオープンもキチット打てるのだ!

この『ライト戦略』も、忘れてはならないだろう…。

アタマに刻み込んだ、これらの事項を、「三砂」にあてはめて、来年の目標に向けてすすんでいこうと思う。

1年1年、目標に向かってチーム作りができる、「P」カテゴリー。
これもまた、楽し。。。








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
>上にさえあげれば、誰かが『繋ぎ』、なんとか決めてくれる

まず、それなんですよね。上手く出来なくても、『そこ』が大事なんですよね o(゜∇^*)ノ

久しぶりにコメントしました (人^∀^)
毎回拝見しております。(勉強させて頂いてます)なんだかハイレベル過ぎて…、書き込み出来なかったんです。<(_ _)> 
るみ姉
2006/11/24 11:50
るみ姉さん、コメントありがとうございます。
私こそ、いつも、るみ姉さんから『気合』をいただいてますよ(笑)…!
バレーが好きな者同士、ボール一つを追いかける者同士、ハイレベルもなにもありません。
いつでも、気軽にコメント下さい。。。
sho
2006/11/24 19:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
自問自答…、自分が考えるバレーって何だ/三砂小練習日記 ソフトバレーsho/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる