ソフトバレーsho

アクセスカウンタ

zoom RSS 『好き』から『楽しい』へ/三砂小練習日記

<<   作成日時 : 2006/12/10 09:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

昨日の練習、三砂中にお邪魔しての「ジプシー練習」最終だった。
3週にわたり、三砂中の皆さん、監督、OGさん、助っ人の皆さん、ありがとうございました!
練習が出来たという事以上に、楽しい3週間だったと思う。

練習後、三砂中の監督と、少しの間、立ち話…。

三砂中監督 「こうやってやってると、結構、面白いよね…」
sho 「みんな、楽しそうでしたね」
何より、三砂中監督自身、楽しそうだった…。

その後、セッター談義。

昨日、セッターをやっていただいた方、何でも、1部リーグのクラブのセッターという事。
どうりで、上手!

三砂中監督 「セッターは難しいよね(育てる事も含めて)」
sho 「1番センスのある人を据えるのも手でしょね」

セッターのトス。
ただ、ふわっと上がってくるのではなく、抑制の効いたトスは、やっぱり打ち易い。

レシーブとアタックを繋ぐ、セッター。

調整役だ。

ここで、チームのバレーの『質』が決まる!

私自身は、トスの『質』よりも、『トスワーク』を重視してきたが、昨日の『上手なセッター』をみて、あらためて、トスの『質』について考えさせられた。

乱打の途中、三砂中監督の指示で、セッターを交換する。
こちらに入ったのは、三砂中の正セッター。

「勉強しろよ!」という監督のココロだろう。

どうなのかなと、注目してみたが、正直、悪くない印象…。

セッターの『意図』は伝わってきた。
だから、きっと『トスワーク』は伸びると思う。
『考えるセンス』はあるのだ。

ただし、問題が『質』にあるとすれば、問われるレベルは、より高いところにある。

学生時代、腕や首を上げていられないほど、「パス」の練習をやり続けた事を思いだした。
それが、セッターに課せられた練習だった。
パス、パス、パス、パス……。
やがて『無心』になり、余計なチカラが抜けていく…。

ところで、打ち手、我がチームのアタッカー。
今回の「三砂杯」に向けて、助っ人のイッシー(レフトオープン・エース)とやっちゃん(ライトセミ)は問題なし。
そして、プロパーのyoneとtosiには、良いチャンスだと思う。

yoneはレフトセミ。
tosiはライトオープン。

2人とも、勿論、スタメン、フル出場だ。

試合まで、あと3回練習が出来る。

この3回と、当日の試合を通じて、何かを掴んで欲しい。

チームの期待を背負って、アタックを打つという事。
ネット際での繋ぎのプレー。
チームの中での役割。
諸々・・・・・・。
もう『新人』ではすまされない。

何よりも、そろそろ、「本当にバレーが楽しい」と感じてもらいたい!

好きだから、練習に来ているには違いない。
しかし、それ以上に、『楽しい』からという気持ちになれたらと思う。

彼女達二人には、いつも厳しい言葉を投げてしまう私だが、二人が伸び伸びと「三砂杯」に向き合えっていけるようにと、願わずにいられない。








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは監督土曜はお休みしてすいませんでした。5人しか参加ではなかったとあとから聞きました。私は8時には帰っていてんですがビール
を飲んでしまったので不謹慎だと思い、遠慮させていただき、また家でビールを・・・
1部のセッターの方本当に上手ですよね前回の三砂杯で「ル」が始めてなのに気持ちよくアタックを打たせてもらったと言っていたのを思い出します。あと3回の練習宜しくお願いします。
sono
2006/12/11 12:32
こんばんは、sono。
参加は少なかったけれど、助っ人も多かったので、お陰様で「乱打」もちゃんと9人で、やることが出来ました。楽しかったですよ…。
あと3回の練習、頑張りましょう!!
sho
2006/12/11 17:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
『好き』から『楽しい』へ/三砂小練習日記 ソフトバレーsho/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる