ソフトバレーsho

アクセスカウンタ

zoom RSS 楽しむ事の本質/三砂小練習日記

<<   作成日時 : 2006/12/14 17:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

昨日の三砂小練習、久しぶりに「ホーム」での定期練習だった。
「三砂杯」に向けて、助っ人をお願いした4人が出揃った。

昨日を含めて、試合まで、あと3回の練習。

これで、どれだけ一つになれるかだろう…。

今回の「三砂杯」は、『楽しもう』と思っている。

では、『楽しむ』って、どういう事だろう?

勝っても、負けても…まぁ、いいや?
失敗しても、ミスしても…まぁ、いいや?
汗もかかずに…まぁ、いいや?
チームばらばらでも…まぁ、いいや?

実は、真剣に取り組む事と、『楽しむ』事とは、あまり変わらないのだと思う。

本当に『楽しみ』たければ、やっぱり達成感や、高揚感、感動が必要だ。

そのためにも、チームが一体にならなければならない!

勝とうとする意欲も必要だろう。

助っ人の人たちは、ゲストだ。
三砂小プロパーの選手から、ゲストを迎い入れなくてどうする。
まずは、三砂小のメンバーが、声を掛け、声を出していかなければ、ゲストが溶け込む事はできない。

溶け込めるのか、溶け込めないのか、それはゲストの問題ではなく、受け入れる三砂メンバーの問題だろう。

ゲストの人たちは、皆、「バレーができる」人たちばかり。
三砂のメンバーが、『一つだ』という意識を前面に出していけば、必ず理解してくれる。

チームは、もっと、『一つに』なれるはずだ。

「とにかく、1回戦を勝とうよ!」
「次、南に勝とうよ!」…と、誰か、口に出せないか!?

「イッシー」や「やっちゃん」が、アタックを決めたら、誰か、そばに走りよって、ハイタッチできないか!?

「サナ」が良いトスを上げたら、抱きついて「ナイストス!」と、言ってやれないか!?

「レイちゃん」が良いレシーブをしたら、肩を叩いて「ナイスカット!」と言ってやれないか!?

そういう一体感が、今、あるのか?

誰かが、その役をやらなければならない。
いや、プロパー全員がやらなければならないのだ。

このまま試合に臨んでも、きっと、心底楽しめないと思う。

せいぜい、「やっぱり南には、敵わないね」でお終い。
あるいは、1回戦負けか…。

試合は敗者戦もあるので、2回出来るけど、やる以上は、『本気』でやろうよ!

私もコーチも、伝えたいのは『チームとはなんだ』という事。
バレーボールを通じて、それを伝えたい!

一人の人間にできることには限りがあるが、人が集う『チーム』は、無限の可能性がある。

それが、バレーボールなんだ…という事を、分って欲しいのだ。

だからこそ、心底、『楽しめる』!


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
shoさん。おはようございます。
楽しむ=真剣?
結局、楽しいなぁと思うバレーは、勝っても負けてもチームがひとつになって達成感を共有できた時でしょうか。私もそれを目指したいです。
試合まであと数回。たぶんみなさんもそういう風に考えてらっしゃると思いますが、もっと楽しむ気持ちが高まるといいですね。ゲストさんがいる事が返っていい雰囲気になることも?ありますけどね。
mitsu
2006/12/15 07:38
mitsuさん、おはようございます。
私は、自分の『人生』でさえ、真剣に!『楽しんで』しまっているようです。
≪結局、楽しいなぁと思うバレーは、勝っても負けてもチームがひとつになって達成感を共有できた時でしょうか≫
…その通りです。
ゲストは、皆、良い雰囲気ですよ。チームが一つになる事を目標に、あと、2回の練習です。。。
sho
2006/12/15 08:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
楽しむ事の本質/三砂小練習日記 ソフトバレーsho/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる