ソフトバレーsho

アクセスカウンタ

zoom RSS 鬼が笑うか…来年の事/三砂小練習日記

<<   作成日時 : 2006/12/21 19:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

24日(日)の「三砂杯」に向けての、最終練習。
スリーメン、アタック練習の後、乱打形式で動きを確認する。

24日は、ソフトバレーの試合と重なっているのだが、私は、当然、「三砂杯」に行く。
isiコーチは、ソフトバレーのチームリーダーなので、そちらに。

試合後は、本当は三砂の皆と「一献」が楽しみなのだが、ソフトバレーの方も、クラブの忘年会。
柏に戻らなければならない。

練習後は、いつものように「サイゼリア」へ。

生ビールの後は、いつも、ワイン。
昨日は、白ワインに。

いつもながら、「サイゼリア」はエコノミーだ。
1,400円通し。

話題は、早くも来年のチーム作りへと展開する。

PTAバレーの良さは、秋の「砂P」と「区小P」という大会に照準を合わせる事によって、メリハリができるという事だ。

私も、isiさんも、意見が一致した。

【年ごとに、チーム作りする】

同じポジションで、何年もやるという考え方もあると思う。
しかし、折角、メリハリがあるのだから、毎年、ターゲットの試合に向けて白紙からチーム作りする方が、面白と思う。

それは、目標に向かって行く楽しみがあり、目標を達成する喜びがあるからだ。

だが、チームの『目的』は、試合に勝つことではない。

我々の『目的』は、バレー技術の向上と、一体のチームを作り上げることによって、一人では決して成し遂げる事はできない感動を共有する事だ。

その『目的』を達成するために、試合に『目標』を置いたり、自分のプレーや、チームへの貢献という『目標』が存在する。

まずは、小さな『目標』で良い。
それを、一つずつ達成する事によって、自信もつき、喜びも味わえる。
それは、選手も監督もコーチも一緒だ。

「三砂杯」が終わったら、また、一からスタート。

今年のポジションが、また来年、保証されるわけではない。
同じポジションの選手もいれば、違うチャレンジに向かう選手もいるだろう。

適材適所、あらゆる可能性を考えて、最適なポジションを模索していこうと思う。

新たなメンバーが加入する事も、期待したい。

今年春、臨時監督のつもりで始めたのだが、今では、自分が選手であるソフトバレーを欠場、三砂の試合を優先し、来年の構想まで練っている。

それは、isiさんも一緒だ。

isi 「まだまだ始まったばかりだよ。チーム作りは、これからだ」
sho 「そうだね。またまた楽しくなってきたね!」













テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
監督おはようございます。半年ですね、バレーの事、チームとして色々なことを学ばさせていただきました。改めて考えると私は「三砂杯」で始まり「三砂杯」で終るんですね。違った!来年の紅白試合がありました。来年のチームに参加できなくて残念ですが来年からはOBとして応援していきます。
来年の紅白試合終了後、キャプテンを引き継ぎたいと思いま〜〜す(^〇^)

sono
2006/12/22 10:28
こんばんは、sono。
あっという間でした…。私も、楽しませてもらいました。sonoの卒業は寂しいのですが、今度はOGとして関わって下さい。まだ時間はありますよ。まずは、24日!頑張りましょう!
sho
2006/12/22 23:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
鬼が笑うか…来年の事/三砂小練習日記 ソフトバレーsho/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる