ソフトバレーsho

アクセスカウンタ

zoom RSS 目標は小さくても良い。達成する事だ/三砂小練習日記

<<   作成日時 : 2007/03/01 10:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

まずは、小さな目標を設定して、そこにたどり着く事だ。
チームの目標や、個人が理想とするプレーもあるだろう。
しかし、一足飛びにそこにたどり着く事はできない。

昨日の三砂小練習、5人の参加だった。

壁打ち、アンダーで連続30回。
クリアするまで続ける。
ボールコントロールと、集中力を養う事が目的だ。

hotti、kao、naoはあっさりクリア。
一息入れているうちに、tosiもクリア。
yoneは、なかなかクリアできない。

yoneを『壁』に残して、他のメンバーは、連続10本のワンマンに入る。
これを3回繰り返す。
ボールだけでなく、打ち手との『気合』のやり取りが目的だ。

続いて、ツーメン。
これも、なるべくボールを落とさないようキープする。
時間は2分。
これは、キツイ。

息を上げながらも、hottiとkaoは良いリズムを作り出していく。
このリズムが大切なのだ。
naoも、集中している。
tosiも、だいぶ良くなってきた。
何本か、会心のレシーブがある。

この頃になって、やっと、yoneが壁打ちをクリアしてきた。
時間はかかったが、目標を達成したという事だ。

続いて、スリーメン。
これも、ボールをなるべく落とさず、キープする。
ここでは、連携がテーマとなる。

打ち手にも、ボールコントロールと集中が要求される。

首を痛め、動きの悪い私だ。
打ち手を、コーチに任せ、コートの周りから練習を注視する。

まだまだ、レシーバーの『動き』が少ない。
打ち手がどの位置であっても、レシーバーのポジショニングが変わらないのだ。
ボールの来る方向に対して、もっと、アグレッシブに『動く』必要がある。

バレーボールのレシーブとは、コートの中(イン)を守るもの。
ボールに対して、ラインを背にするのが、正面でボールを捉えるための基本だ。
サイドラインを守るレシーバーは、レシーブの前のワンアクションで、これを決めなければならない。

スリーメンでは、2分でローテーションし、3ポジション合計6分!

本来の動きを実践するならば、息が上がって、6分は難しいはずだ。
シンドイと感じれば感じるほど、練習の目的を理解し、実践している証しなのだ。
ボールに触るプレーヤーは、ワンプレーで一人。
しかし、それ以外のプレヤーの動きを、『連携』という。

この『連携』が、チームレシーブのレベルを現す。

もしも、この練習を、『楽勝』と感じるならば、練習にならなかったと考えるべきだ。

続いて、アタック。
一人10本連続、これを3回。

ここでも、各人の目標がある。

正しいフォーム、早い球速、強い威力、理想はあるが、まずは各自越えるべきテーマがあるはずだ。

hottiには、シビアなコース打ちを指示した。
サイドラインを狙う意識。

naoには、強いミートが必要だ。
バックスウィングを大きく取り、踏み込みにメリハリをつけるよう指示した。

kaoのアタックを見ていると、もっと打たせてやりたいと思う。
だが、膝の状況を考えれば、それも適うまい。

tosiは、本当に成長した。
カラダを起こし、ミートポイントが決まれば、かなり強いアタックが打てるようになってきた。
ただし、ピュアな状況での話しであって、実戦でこのようなアタックを打てるようになるためには、まだまだ練習を積まなければならないだろう。

yono。
肘が落ちてしまうのだ。
バックスウィングにも問題ありだ。
yoneのアタックが完成したら、相手チームにとって、その打点の高さは脅威だ。

最後は、サーブ。
tosiとyoneは、フローターサーブに挑戦だ。

たとえ、どんな小さなものでも良い。
各自が自らの目標をもち、一つずつ達成していく。
その先に、自らの理想とするプレーがある。
そうやって、一段一段、登っていくものだ。

逆にいえば、まずは無理なく達成できそうな目標を設定する事。
大きな目標は、小さな目標の『達成』を繰り返すことによって、得る事ができる。

目標を達成できたと感じれば、人は輝く。

暖冬とはいえ、まだまだ寒い体育館で、汗だくになっているtosiの顔は実に楽しそうであり、輝いていた。

昨日は、新入生の方が一人、練習の見学にみえた。
はたして、彼女に、このチームがどう映っただろうか…。

メンバーの顔が、輝いていると思えば、きっと、仲間になってくれるに違いない。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは監督
昨日はお疲れ様でした。
少なかったですね昨日は。舞台から見るコートがとても広く感じました。
逆に狭い舞台でメンバーの人数以上の踊り子?
邪魔になった事と思います。うるさくてすいませんでした。
やっぱりあの椅子で見てた方は見学の人だったんですね入部してくれるといいですね♪
私は見てましたよ。監督が打っているの
「あっやっぱりやっちゃってる」って大丈夫ですか?
今度飲む席であのカツラであの格好で監督の隣に、コーチの膝に座らせていただきますので!
決して「小森のおばちゃま」ではなく「ハニー」と呼んでください。
sono
2007/03/01 14:23
こんにちは、sono改めハニー??
キューティーハニーは、練習に良いノリでしたよ?!踊りも見たかったな。
って…(汗)今度の飲み会が楽しみなような怖いような…。被り物どころか、コスプレ?ですかぁぁ…?!
ところで、見学にみえた方、入ってくれると良いのですが…。練習を見て、どう感じたでしょうか…。
首は時間かかりそうですが、全く動かないのもどうかと思うし、やっぱり、体育館に行けば、動いちゃいますよね。無理しない程度に、やります…。。。
sho
2007/03/01 14:40
《小さな目標を設定して、そこにたどり着く事だ》 ウチのメンバーにも聞かせたいです。
スポーツ以外でも自分自身で「壁」をつくってしまうことが多いですからね。
おいらも仕事で「壁」をつくりまくっています、、、(大汗)
eitoman0531
2007/03/01 18:54
eitomanさん、こんばんは。
≪小さな目標≫は、やって当たり前と考えがちですが、そんな事はありません。とてもできそうもない大きな目標に挫折するくらいなら、少しでも前進したほうが良いでしょう…(笑)。達成感は、また次のモチベーションに繋がりますからね!
着実に伸びる人は、目標設定も上手です。
私自身も、ソフバの現役プレヤーとして、自分に言い聞かせています。。。
sho
2007/03/01 20:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
目標は小さくても良い。達成する事だ/三砂小練習日記 ソフトバレーsho/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる