ソフトバレーsho

アクセスカウンタ

zoom RSS 10何年ぶりだろうか…「櫻楼倶楽部」再始動

<<   作成日時 : 2007/04/22 09:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

二中の体育館に行くのは、10何年ぶりだろうか。
まるで時計を撒き戻したように…「いつものよう」な気分で階段を上がり、2階の体育館に入る。

昨日は、かつて監督をしていた「櫻楼倶楽部」の練習だった。
練習といっても、今やチームは空中分解。
それぞれ別のチームを立ち上げたり、シニアのチームに移籍したりという状況で、「櫻楼倶楽部」としての練習は何年かぶり。

それでも、男子部はなんとか活動を続けていたし、一番肝心の体育館は、ずっと継続して借りていたのだ。

それも代表のyamadaさんのお陰さまだ。
そこに、彼女の『思い』がある。

yamadaさんと、ある約束をした。
3月に、彼女と再会したときの事だ。

このチームは、もう20数年以上の伝統と歴史のあるチームだ。
もう30年になるのかも知れない。

時代の趨勢には逆らえないのだが、それはそれとして、チームをこのまま置き去りにしてはならないと思った。

もう一度、「櫻楼」のユニフォームが、コートに踊る姿を見たい…、思いは共通のものだった。

そんな『思い』に、かつてのメンバーが共鳴してくれた。

あの頃、まだ10代、専門学校生だったkatura。
「墨東5区6人制」優勝が忘れられない。
今では彼女は、2人の子を持つママさん。
半年振りのバレーだという。
アンダーの時、腕が痛いといっていた…。

家庭婦人カテゴリーで、セッターだったkatouさん。
かつての中心選手だ。
シニアに移籍したが、相変わらず元気だ。

同じく、家庭婦人カテゴリーでバックポジション、キャプテンもやっていたtatibanaさん。
彼女もシニアに移籍、少し白髪が増えた感じだが、10年以上の時間を全く感じさせない。

tenko。
私の引退直前の選手だった。
2回目の「さわやか杯」の優勝に貢献してくれた。
あの頃は、20代だったのだと思う。
今でも、まだまだ現役。

megu。
私の引退後の選手だ。
もしかしたら、「良い思い」をしていないのかも知れない。
それでも、「櫻楼倶楽部」の復活をこそ、待っていてくれたと聞いている。

sibuya。
彼女もまた、初対面だ。
20代の若い選手だ。

その他に、ゲストとして、シニアチームのnishiさんが来てくれた。

また、男子の協力メンバーだったnaoちゃんとnobuも、駆けつけてくれた。
遅れて、kumaさんも。

6月には、「区民大会一般9人制」にエントリーするつもりだ。

2〜3回しか練習できないと思うが、エントリーし、出場する事に意義がある。

久々の5号ボールの、なんとやり易い事か。
同じ検定球、同じモルテンのボールなのに、4号ボールとはタッチが違う。
元々、私は、モルテンのタッチが好き(タチカラに比べて)なのだが、4号では忘れていた感覚が蘇ってきた感じだ。

基本練習の中、一通りみんなのプレーをチェックした。
みんな、良い汗をかいてくれたと思う。

心配は、9人集まるかどうか…という事だ。

その為にも、求心力となる存在が必要だ。

そこで、katuraをキャプテンに指名する。

来て欲しい選手も、まだまだいる。
かつてのプロパー選手は、はたして『再始動』してくれるのだろうか…。

地方に引越した人は仕方が無いが、近隣の人には、もう一度、ユニフォームを着て貰いたいと思う。

昨日、tenkoが、かつての「櫻楼倶楽部」のピンクのトレーナーを着てきた!
思わず、ジンときてしまった。

このトレーナーを、昨日来たメンバーは、もう誰も持っていない。

このトレーナーを着て、試合や練習試合にと、どこにでも行ったものだ。

そして、まだあるのかな…、あの「桜」のユニフォーム!

私が監督を引き受けて、初めて優勝した時(何の大会だったか忘れたが、多分、区民大会だろうか)に、チームに贈ったものだ…。

このユニフォームが(あるとすれば)、コートに踊る日も…『近い』…。















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは
sho監督の夢、目標、を前に向かって一歩ずつ、確実に達成されているみたいですね。
メンバーの皆さんとも久しぶりに逢われて嬉しかった事とと思います。
私も先日中学校で一緒にバレーをしていた友達を誘ってみました。手が痛いなどと言ってましたが一緒にやるのは中学以来、(って何年?計算できず)久しぶりで楽しかったです。
監督も体に気をつけながら楽しんでください。
sono
2007/04/23 16:54
必ず実現させて下さい。お祈りしております。
eitoman0531
2007/04/23 21:26
sono、コメントありがとう。
確かに「櫻楼」の事は、いくつかの夢と目標の一つではあるよね。そこに向かって歩き始めた事に、違いないし、ワクワクするし、楽しみでもあります。
でも、夢や目標は、そこだけではありません。
三砂でやらなければならない事も…、一杯ある!
ホントに、バレーやってて良かった!
sho
2007/04/23 21:30
eitomanさん、こんばんは。
来月もまた、練習する事が決まっています。もしも9人揃わなければ、私の今のバレー仲間を集めてでも、試合に出たいと思っています。きっと、この事が、何かのきっかけになるに違いないと信じて…。
声援、本当にありがとうございます!
sho
2007/04/23 21:35
shoさん、こんばんは。お久しぶりです。
ブログを読んでいて、なんかいいなぁ〜って気持ちになりました。
昔の仲間が再び集まってバレー再開…私も以前のチームでまたバレーができたらいいなぁって思いました。
身体の方は大丈夫ですか?無理をなさらないように、頑張ってください。
やんくみ
2007/04/23 22:27
やんくみさん、おはようございます。
娘さん、中学でのバレー部入部、おめでとうございます!私も、陰ながら応援していますよ。

ところで、『同窓会』感覚のこのバレー…、なかなか楽しいですよ。やんくみさんも、是非、昔の仲間に、声を掛けてみてはいかがですか。こういう事って、きっかけが必要なんですよね。そして、一人では難しい。まずは、一番親しかった人に、電話をかけて見ては…。
年齢を重ねることには、良いところと悪いところがあると思いますが、こういう事って、まさに、重ねた皺が多く深いほど、再会の喜びも大きいものです。
カラダの方は、お陰さまで大分良くなってきました。ソフバの新年度の試合も、そろそろ始まります。
お互い、頑張りましょう!

sho
2007/04/24 07:34
おはようございます。
いいですね。再開・再始動!
私も田舎に帰れば(帰省時だけですが)「練習に参加しない?」って声をかけてくれる友達がいます。
それが、とても嬉しいし楽しい時間なんですよね。
体調もいい様子で安心しました(*^_^*)頑張ってくださいね。
mitsu
2007/04/24 08:32
おはようございます、mitsuさん。
世の中、捨てる事、忘れる事も必要なのですが、再会や再始動も、また楽しいものです。『取り戻す』という感覚も、充分なモチベーションになりますよね…。『取り戻す』といえば、体力…。体調も良い方向に向かっています。一難去ってまた一難の今日この頃ですから、油断は出来ませんが、暖かくなるこれから、一杯動こうと思っています…。
mitsuさんも、ケガなどしないように、頑張って下さいね!
sho
2007/04/24 08:47
偶然このブログにたどりつきました。うれしくて、うれしくてコメントさせていただきます。私は10周年くらいのメンバーで平成4年から8年までお世話になりました。ピンクのトレーナーはもう無いけど、チームの名前の入ったソックスと、赤い大きなグランドコートは現役で使っています。千葉の田舎っぺだった私は櫻ランのユニフォームの袖に「東京」って書いてあることだけで感動してました。子供も二人でき、体もだいぶ大きく横に成長したけど千葉でPTAバレー始めました。元櫻ランのsatiさんkatoさんにそっくりなメンバーに恵まれ楽しくやってます。大会出るときは連絡くださいね。飛んで行きます。

元櫻ランのクミです。
2008/05/24 00:44
クミ、久しぶり!
元気そうだね。
元メンバーの書き込みは始めてで、私もとてもうれしいです。
残念ながら、その後何回か練習はしたのですが、試合は断念せざるを得ませんでした。
ゲスト選手を集めて、無理をすれば出られたのかも知れませんが、名前だけ復活しても仕方ないですからね。
オリジナルメンバーで…、もう一度、試合に出られたらいいなと思います。
その時には、必ず連絡するかからね!
sho
2008/05/24 08:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
10何年ぶりだろうか…「櫻楼倶楽部」再始動 ソフトバレーsho/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる