ソフトバレーsho

アクセスカウンタ

zoom RSS 人が集まるという事/三砂小練習日記

<<   作成日時 : 2007/05/20 08:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

また、PTAソフトバレー大会の季節が巡ってきた。
参加者の練習が、土曜日に何回か行われる。

昨日の三砂小練習、体育館には3時10分前に着いた。
ジュニアの練習を、入り口から覗いていると、ソフトバレー大会の練習に来たと思われる方がみえた。

一見、小学生の子供がいるようには見えなかったのだが、状況から考えて、ジュニアのお迎えか練習参加か、どちらかだろうと思い、声を掛けた。

「お迎えですか?」
「いいえ、練習なんです」

「バレーをやってたんですか?」
「いいえ、ビーチバレーのサークルには入っていますけど、バレーの経験はありません」

この「ビーチバレー」とは、砂浜でやる「ビーチ」ではなく、我々のやっている「4人制ソフトバレー」の事だった。

今年の新人、donも、昨年の「PTAソフトバレー大会」を経て、三砂小Pバレーチームに入ってくれたのだ。

果たして、今年は…。

昨日は、三砂小の練習後、夜の7時から「櫻楼」の練習が予定されていた。
三砂小から「櫻楼」の練習場所である、墨田区の二中までは、15分程だ。
ファミレスで一休みし、行くつもりだった。

ところが、三砂に向かう途中に「櫻楼」の練習は中止だと、連絡が入った。

「人が集まりません」と、代表のtakakoさん。

そればかりか、「10日の試合も、人が集まらず、参加できないかも知れない」と…。

10日の試合に関しては、三砂から4人、花野井から1人が協力を申し出てくれた。

その気になれば、人は揃うかもしれないが、「櫻楼」のオリジナルメンバーがいない状況では、代表は納得できないだろう。

なんだか、淋しかった。

私は、チームに恵まれ、選手に恵まれ、友人に恵まれ、今でもバレーを続けている。

あの時、共にチームを持ち上げ、共にバレーをやってきたtakakoさんの心情を思いやると、本当に淋しい。

時代の流れもあるし、始まりがあれば終わりもある。
それは分っているが、「人が集まる」という事は、一筋縄ではいかないのだと、あらためて実感した。

10日、試合にエントリーするかしないか、来週中には結論を出すという。
もう一度、「櫻楼」を見たいという夢は、まぼろしに終わるのだろうか…。

三砂のみんなは、むしろ、この機会を楽しみしているし、実現できれば、きっと勉強にもなるはずだ。
花野井のメンバーも、1名の他、都合がつけば「是非!」という人もいる。

「集まる」時は集まるし、「集まらない」時は集まらない。

語っても仕方がない事なのだが、思いどうりならないのが、「集まり」だと知った一日だった。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
人の集まりは自分でどうすることもできずもどかしいものだと思います・・。でもそれを無理強いしたら絶対にチームがおかしくなってしまうと思う。私はそういうチームを近くでみていたので・・。
前のチームもそうでした、人が集まらなかった・・。たぶん理由はあったのだけど、集まらなかったことが代表者が決断に踏み切るスイッチになったのかなと今は思ってます。私も精神的に行けなかったけどバレーはしたかったから、長い目で見てほしいと思ったんですけどね・・。
ほんとshoさんの言うように集まるときは集まる、集まらないときは集まらないって感じですね。
tomepi
2007/05/23 12:52
tomepiさん、こんにちは。
人が「集まる」事って、何がしかのエネルギーが必要なようです。そのエネルギーは、見た目では分りません。あるいは、プラスのエネルギーなのか、マイナスのエネルギーなのかも、容易には分らないようです。
「集まっても」「集まらなくても」、そこからドラマは始まるのだと思います。
なにやら、禅問答のようなコメントになってしまいましたが、大切な事は、やはり『想い』だと思います。
『想い』は、いつかは適う…、と信じたいですよね。
sho
2007/05/23 15:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
人が集まるという事/三砂小練習日記 ソフトバレーsho/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる