ソフトバレーsho

アクセスカウンタ

zoom RSS 翔のはなし/信頼と信用

<<   作成日時 : 2007/08/02 09:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

一昨日の「翔」の練習、柏からakemiさんと、tomoが同行した。
「翔」を立ち上げて、初めての「非常勤」の参加だった。

まだまだ、チームのコンセプトを固めたり、方針を定めていく段階ではないが、練習を重ねながら、絞り込んでいく必要はあるだろう。

メンバーも、少しづつ見えてきた。

いつもより、少し遅く、10時チョッと過ぎに「サイゼ」に着いた。

ところが、ここから「バレー談義」が白熱し、ラストの2時まで飲んでしまった…!

tomoと、ここまで突っ込んで話すのは初めてだったし、akemiさんとも「熱い」話が途切れなかった。

チームメンバーなら、必ず存在意義はある。
それとは別に、役割というものがあり、そこに責任が伴う・・・。
チームメンバーを信頼するって、どういう事だろう・・・?
監督やコーチ、あるいは、キャプテンとの信頼関係って、どうなんだろう・・・?
信頼と、信用の違いは・・・?

例えば、存在意義。
年齢もキャリアも体格も体力も、それぞれ、さまざまだ。
しかし、チームのメンバーである以上、必ず、意義がある。
それを、まず、認めよう。
そこに、信頼へのヒントがある。

そして、役割がある。
レシーバーは、結果だけでなく、過程も大切だ。
ガッツ溢れるプレーは、チームに良い影響を与え、リズムを作るきっかけになる。

セッターには、流れを作る役割が与えられている。
この1本じゃない。
流れなのだ。
それだけに、目立たず、ひたすら正確なプレーが要求される。

アタッカー。
これは、結果責任だ。
素晴らしいフォームで、ジャストなタイミングで、見事に「ふかし」たら…、チームはどう思うだろうか。
「ボソ」でも「ベチョ」でも、1点は1点だ。
フェイントでも、ブロックアウでも、1点は1点だ。
点を取ることこそ、アタッカーの役割。

では、信頼と信用とは?

「信頼」とは、信じて頼ると書く。
「信用」は、信じて用いると書く。

信頼---頼ってどうする?
頼ったら、責任は相手にあるのか?
そうじゃない。
結果もすべて受け入れるという事だ。

何故か?
他人はコントロールできない。
コントロールできない部分に、信を置いたのだから、結果を含めて、運命共同体なのだ。

では、信用。
信じて、用いたのか・・・?
用いたのは誰か?
用いたのは、自分。
信じたのは、相手ではなく、自分の判断だ。

どちらも、責任は自分にあることには違いない。

しかし、信頼された、信用された、相手にとっての受け方は違うと思う。

話を、お金の事に例えると、分かり易い。

「あなたを、信頼して貸した」のなら、取りはぐれても仕方がない。
「あなたを、信用して貸した」場合、取りははぐれたら、「どうしてくれる!」となる。

金融機関は、「信用」して貸す。
決して、「信頼」して貸すのではない。

「信頼」は、一見、自己責任の放棄に思えるかも知れないが、相手の行動に焦点を当て、そこに期待する。
「信用」の場合、どうしても、責任の所在は、相手側になりがちだ。
「信頼」は、すべてを受け入れるという点で、人間関係の土台だと思うのだ。

親は子を信頼する。

総理は、絆創膏大臣を、「信用」したのだろう…。

私は、選手を、「信頼」したい!

意見や、考え方はさまざまだ。
しかし、前提に「信頼」があれば、きっと乗り越えることが出来るはずだ。










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
素晴らしい! 何度も読み返したい文章です。バレーに限ったことではないと思いますが、ワンマンプレーが成り立たないバレーだからこそ「信頼」が重要ですね。
eitoman0531
2007/08/02 22:54
eitomanさん、おはようございます。
何と言いますか…、バレーって、人生そのもののような気がします。一人じゃ何も出来なくて、リズムがあって、存在意義と役割があって、何より信頼が大切で…。だからこそ、面白い!
これからも、追求していきたいと思います。。。
sho
2007/08/03 07:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
翔のはなし/信頼と信用 ソフトバレーsho/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる