ソフトバレーsho

アクセスカウンタ

zoom RSS 「そのまま」と「このまま」/三砂小練習日記

<<   作成日時 : 2007/08/26 19:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

昨日の三砂小練習、OGさんを含めて10名、久しぶりにチーム練習ができた。
柏からは、saitouさんに来てもらい、お手伝いいただいた。
saitouさんも、柏でママさんバレーの監督をしているのだ。

セッターとエースを欠いた練習だったが、いくつかのポジション変更を試してみた。

ディフェンスのフォーメーションは、5・1・3なのだが、問題は最前列の5にある。

レシーバーは、練習も十分だし、信頼しても良いだろう。
事実、saitouさんからも、高い評価を頂いた。
特に、オーバーカットが良いということだった。

しかし、折角上がったボールの、繋ぎと締めに問題がある。
あるいは、ブロックも揃っていない。

2本目、3本目のミスによる失点が多いのだ。
プレーの精度が低く、対応の遅れも目立つ。

原因は、まず練習不足が第一。
ケガ人が多く、春のスタート時点から、ほとんど全員が揃う練習ができなかった。
試合を10月に控えた今の時点でも、5(最前列)の出席率は、50%…。

勿論、それぞれに事情があり、欠席自体は仕方のない事だ。
そして何より、練習不足を今から取り返すことは出来ない。

それでは、どうするのか?

チームの破綻は、弱点や欠点に端を発する。
だとすると、5(最前列)のミスや、得点力不足から、チームが崩れていく様が想像できるではないか…。

練習不足を補うためには、集中力が求められる。
また、試合の中では、「メンタルタフネス」を発揮しなければならない。

あるいは、適材適所で配置する必要もある。

その上で、クレバーなプレーを心がける事だ。
より「考える」ことが要求される。

「メンタルタフネス」については、最重要課題として取り組んでいこうと思う。

練習後、saitouさんと、柏で「反省会」。

話は大いに盛り上がった。
やはり、課題は、精神面の強化だ。
彼の率いるチームも、先にマッチポイントを取ったゲームを、2回落としたという事だ。

国際試合などでも、日本人選手はプレッシャーに弱い。

ミスが多いというのも、やはり心の持ち方も関係しているはずだ。

やはり、「メンタルタフネス」は必要だ。

そのためには、まず、「あるがままの自分」を認め(知り)、その上で、「あるべき自分」を目指すことだ。

しかし、それだけでは十分ではない。

何故かといえば、バレーボールはチームスポーツだからだ。

チームメイトをどのように認識するか…。
それによって、自らのプレーには影響をもたらし、ギリギリの場面での展開すら変わってくる。

人を認める方法は、一つしかない。
「そのままで良い」…と思うことだ。
丸ごと認めるしかないのだ。
しかし、だからといって、それを受けた自分が、「ここままで良い」訳ではない。
「そのまま」と「このまま」は、違うのだ。

「あるがままの自分」を認めるように、チームメイトも「そのままで良い」と認めるしかない。
今やっている、そのプレーがすべてなのだ。

その上で、「あるべき自分」を目指すように、ひとりひとりが、決して「このまま」じゃないと決意する事だ。

人は、幾つになっても、必ず成長できるし、その思いは、必ずチームに伝わる。

チームとは、逃れる事のできない共同体なのだ。

甘えたり、妥協したりする必要はない。
同時に、自らのココロに蓋をしたり、チームメイトのもたらした結果について、思い患う事もないのだ。

「そのままで良い」と、チームメイトを丸ごと認め、自らは「このままじゃないぞ」とココロに誓う。
これこそが、チームワークの基本的な心のありようだと思う。

私たちが、自分の子供と接する時も、きっとそうしているはずだ。
この子を「そのままで良い」と愛しみ、でも、きっと、この子は「このままじゃない」と期待する。

自分が「そのままで良い」と言われれば、安らかな気分になれるが、だからといって「そうか、このままで良いのか」と思ってはならない…。

「そのまま」と「このまま」…。

先日の叔母の葬儀の時に、住職から伺った法話の一節だった。
目からウロコの話だ。

プレッシャーに負けない自分、「メンタルタフネス」も、ただの心の強さではないと思う。

「これは、最高に興味深いテーマだね」と、saitouさんと語り合った。






















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
我がチームでも7点差をひっくり返されたことがあります。「セーフティーリードとは何点あれば良いんだぁ〜?」と思いました。

時が移れば人も変る。
「そのまま」と「このまま」、、、興味深いテーマですね。
eitoman0531
2007/08/27 12:23
eitomanさん、おはようございます。
技術もさることながら、精神面も重要ですよね。
我がチームも、セーフティーリードがないかわりに、絶望的なビハインドもないというくらいの逞しさを持ちたいと思います。
ママさんバレーの監督・コーチは、我々自身、大いに勉強になります。
お互いに頑張りましょう!
sho
2007/08/28 08:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
「そのまま」と「このまま」/三砂小練習日記 ソフトバレーsho/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる