ソフトバレーsho

アクセスカウンタ

zoom RSS 「くやしい」という気持/三砂小練習日記

<<   作成日時 : 2007/09/06 10:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

昨日の三砂小練習、kao、aya、tosi、don、yone、nao、OGのsonoの7名参加だった。

失敗練習が一つ。
跳び箱(8段フル)をアタックラインより少しうしろの置き、そこから強打を取る練習を試みた。
この練習の狙いを、皆に尋ねたところ、naoが「サーブレシーブ!」と答える。
「正解!」

強く、スピードのあるサーブへの対応を練習しようという狙いだったが、肝心の私が対応できなかった。
8段の跳び箱の上から、強打を打てなかった!
-----結構、怖い------

跳び箱は、2台並べたのだが、それでも台上でカラダが安定せず、思いどうりに打てなかった。
isiコーチの方が上手に打っていた…(汗)。

サーブレシーブは、今、良い状態ではあるが、より自信をつけ、強化したいと考えた結果の練習なのだが、キチンとサーブエリアから打ち込んだ方が良かったかもしれない。

スリーメンでは、donが標的になった。

フェイント。
正面からはずれる左右への軟攻。

足が出ない。
ボールが落ちる前に、「ダメ」と判断してしまうため、足が止まってしまう。

donは、ここを乗り越えなければならない。

しかし、「やってやろうじゃないか!」という気持ちは伝わってきた。
donが、ここを乗り越えれば、レシーブ陣は一体になれると思う。

「くやしい」と思う気持ちが大切だ。
その気持ちが出れば、きっと、上達する。

精彩を欠いたのは、アタック陣だ。
アタックだけでなく、繋ぎのプレーも含めてだ。

正直、この2年間はなんだっただろう…と思ってしまう。
「教え方が悪いんだよ!お前のせいだ!」と、天から声がする。

それは、その通りだと思う。

でも、もう一度、選手も考えて欲しい。

「本当に、言われた通りやろうとしてるのか?」
「なんだかんだいいながら、自分のやり方を、ひたすら貫いていないか?」
「やるための工夫をしてるのか?」

本当に実力がないなら、決して試合でも結果は出ないはずだ。

でも、過去の試合でどうだった?

試合でできることを、何故、練習でできないのだろうか…。

簡単にボールを落としてしまうようなプレーに対して、ayaが言った。
「これで、1点失うんだよ!」
その通りだ。
その1点の重みを背負うのが、アタッカーだ。

なんとなく練習しても、上達はしない。
自分の殻に閉じこもっても、上達しない。

「くやしい」と思う気持。

アタッカーは、これを忘れていないか!

ブロックされて「くやしい」。
レシーブされて「くやしい」。
失敗して「くやしい」。
注意されて「くやしい」。

そして、何より、できない自分が「くやしい」…はずだ。

その「くやしい」を原動力にして、自分を取り戻して欲しい。

本当に、できないのだったら…、その時は私の責任・・・・・・。














テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめましてよく拝見させていただいておりますがうちのチームも同じような状況で初めてコメントさせていただきます。

どうしてでしょう。練習を重ねても重ねても
同じ始まりからのスタートなんです。進歩が見られても、また後退、振り出しに戻るといった状態。
選手一人一人が何を思って練習に来ているのか!何をしたいのか、それが判っていてどうしたいのか?が伝わってきません。
本人達も苦しんでいるんでしょうが・・

中途半端な気持ちの練習では「くやしい」
も中途半端で本当に「くやしい」を感じた時、上達が始まるんでしょうか??

shoさんの文章を読んで感じたことですが。

これからもまた拝見させていただき、勉強させてください。
kotora
2007/09/06 14:32
kotoraさん、コメントありがとうございます。

≪振り出しに戻ってしまう≫…本当にどうしてなのでしょうね…。

私は、ママさんバレーは年齢に関わらず、必ず上達すると信じています。そのためには、繰り返しの練習で、カラダで覚えるというよりも、むしろ、精神的な成長が大きいと考えています。≪もとに戻ってしまう≫のは、やはり、どこかに精神的な落とし穴があるような気がします。

本当に「くやしい」と思えば、男でも女でも、ポロリと涙がこぼれるものです。「辛い」とか「悲しい」とかではなく、なけるほど「くやし」ければ、きっと、やれるはずです。

kotoraさん、これからも宜しくお願いします!
sho
2007/09/06 18:12
先日は浜松フェニックスのブログにコメント
いただきありがとうございます。
メンバー不足はどこのチームも悩みの一つ。
お互い頑張りましょう。
いつかママさんのチームが、
遠征するようでしたらぜひ、
浜松にお越しください。
練習試合をやりましょう!
何チームか集めますよ!
NAO
2007/09/08 22:01
NAOさん、コメントありがとうございます。
全国各地、頑張っているチームがあると思うと、励みになります。本当にいつか、交流試合など、出来れば良いと思います…。
チームの夢や理想を目指して、お互い頑張りましょう!
sho
2007/09/09 09:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
「くやしい」という気持/三砂小練習日記 ソフトバレーsho/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる