ソフトバレーsho

アクセスカウンタ

zoom RSS 試合に関するプロフィール/三砂小練習日記

<<   作成日時 : 2007/09/13 14:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

精神的にも、肉体的にも、タフでなければ試合には勝てない。
試合に敗れたり、それ以前に、自分に負けて敗退する場合、個人でもチームでも、一番弱いところに端を発するものだ。

プレッシャーに弱い選手の、サーブミスをきっかけにチームが崩れたり、執拗にブロックにマークされ、我慢しきれずに「自棄(ヤケ)打ち」して自滅するアタッカーなど、枚挙にいとまが無い。

まずは、選手各自の弱点を浮き彫りにしよう。
自らの精神的な弱点を認識し、対策を施すことが大切だ。
その上で、試合での「メンタル・タフネス」を獲得し、思いっきり試合を楽しみたいものだ。

技術的に勝てた、と思うよりも、精神的に勝てたと思う方が、より、達成感がある。

ジム・レーヤー著 「スポーツマンのための メンタル・タフネス」に、「試合に関するプロフィール」というものがある。

26項目にわたる、「メンタル・チェック・リスト」だ。

これを、私なりにアレンジして、先日の練習試合のあと、みんなに配布し、書き込みを指示した。

メンタルな部分に焦点をあててくれたお陰か、あるいは、思いっきり想いを吐き出して、吹っ切れたのか、8日の練習試合のあと、何かが変わったと思う。

昨日の三砂小練習、kao、naka、mii、kishii、nao、yone、tosi、don、それにOGのsono。

移動レシーブ(クロス側でレシーブ⇒センターに移動して2段トス⇒ストレート側に移動してレシーブ)のあと、3メン。

サーブレシーブからの攻撃、レフトオープン側、ブロックからの切切り替えし。

アタッカー陣の、打ち込みも意識した練習だった。

声や、気合を感じとることができた。

donは、ヒザ当てをやっていなかった…。
単に忘れただけなのか?
いや…。
あえてヒザ当てを外して、足を動かそうと考えたのではないだろうか。
ヒザ当てを頼りにしては、どうしても、早くヒザを着いてしまう。
誰かのアドバイスがあったのかな…。

しかし、これも、明らかな進歩だ。

tosiも、ライトから、何本か良いアタックを打っていた。
yoneも、進んで壁打ちをし、スウィングの修正をやっていた。

あとは、実戦でどうなるか…だろう。
意識が上向きになったことは間違いない。

今年は、全員バレーをやる。
全員が機能しなければならないのだ。

練習後、何人かが「試合に関するプロフィール」を提出した。
残りは、土曜日、締め切り。

すでに、OGさんの何人かは、「飲み会」の席で書き、提出してくれている。

書きあがった「プロフィール」を見ると、実に、各々の問題点が浮き彫りになっている。
これから、「プロフィール」の分析と、選手それぞれとのコンタクトだ。

山を越える(問題点を解決する。あるいは、解決に向けてチャレンジする)。
これもまた、楽しみだろう。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
実力は紙一重。

相手を上回るには、一体何をするべきか?
相手より何が勝っていて、何が劣っているのか?

チーム全体で考える事が出来たら最高ですね。
eitoman0531
2007/09/14 10:16
eitomanさん、こんにちは。

本当に、実力は紙一重です。勝ち抜いていくためにも、今一度、各自のメンタル面のチェックをしようと考えています。それを、どうチームに落とし込んでいくか…これは私の課題です。

やっぱり、「気持ちの差」では、負けたくないですからね…!
sho
2007/09/14 16:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
試合に関するプロフィール/三砂小練習日記 ソフトバレーsho/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる