ソフトバレーsho

アクセスカウンタ

zoom RSS ヘルスバレー、これもなかなか面白いぞ

<<   作成日時 : 2007/11/17 13:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

一昨日、ヘルスバレーの練習に参加した。
流山の大会に、柏市の体育指導委員が招待を受けたのだ。
レディースチーム1チームのエントリー依頼だ。

各支部、女性体指を2名選抜(自薦・他薦)し、チームを編成した。

私は、練習相手…、審判、その他…。

東葛地区の、体指研修で、一度だけ、「ヘルスバレー」を体験した事がある。
それ以来だ。

一旦、ボールの製造が中止され、存続が危ぶまれた「ヘルバレー」だが、今は、別のメーカーによって製造が再開され、スポーツ用品店等でも、販売されるようになった。

1チーム、4名〜6名、任意で人数を選ぶことができる。

当日は、女性体指8名、バレー経験者の体指と、未経験者が半々くらいだった。

スポーツ課のKさん、isiさん(いつものコンビ!)、私と、男性3名。
さらに、審判で、西部支部長のSさん。

準備体操と、円陣パスの後、早速、練習試合。

めちゃくちゃ張り切る、スポーツ課Kさん。

そりゃそうか…。
彼が一番若いんだから…。
一人で、大汗かいていた…。

最初は、皆、もたもたしていたが、慣れてくると、さすがにアタックまで出る。

ところが、アタックしても、あの「デッカイ」ボール。
大したことは無い。

さんざんラリーが続き、皆、結構汗ばんできた…。

6人がコートに入るより、4人の方が動きやすい、という事だった。

バレー経験者は、やはり、やや有利か。

経験者と未経験者の対戦では、順当に経験者が勝った。

プレーするほどに、「ヘルバレー」が楽しく思えた。

「ソフトバレー」よりもハードでない(勿論、革バレーは別モノ!)のだが、何か、楽しみながらも、しっかり体を動かすこともできるので、これならば、「ソフバ」の先にでもできるかも知れないと思った。

勿論、流山では競技として行っているので、レベルも違うだろうし、もっとハードだと思う。

しかし、バレーボールの兄弟姉妹である亜流バレーは、やっぱり私にとって、生涯、必要とするスポーツだ。

バレーボールからソフトバレーへ。
ソフトバレーから、ヘルスバレーへの流れの可能性は、私を勇気付けてくれた。

また、その他にも、千葉市で盛んな「ゴムバレー」や、須賀川市で盛んな「ラバーバレー」もある。

先日、ネットで、「円陣パス」の競技化を見かけた。
ボールを二つ使い、一定時間に何回パスできるかを競うというものだったと思う。

当分、バレー関連で楽しめそうだ。

来週、また「ヘルスバレー」の練習があり、明日は「ソフトバレー」の練習…。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヘルスバレー、これもなかなか面白いぞ ソフトバレーsho/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる