ソフトバレーsho

アクセスカウンタ

zoom RSS 意識を持ってやるしかない/三砂小練習日記

<<   作成日時 : 2008/02/21 11:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日の三砂小練習、hotti、mii、aya、tosi、don、matsu、kei、megu、yoneの9名。

ワンマン30秒⇒ツーメン40秒⇒スリーメン60秒と、リズムを重視してすすめる。

都度、交代し、組合せを入れ替えた。

ボールを落とさずに、時間一杯動ける選手。
一方、ボールがつながらず、そのたびにコート外から球出しを受ける選手。

その差は大きい。

運動量の差は勿論だが、肝心のリズムもとれないのだ。

うまくいかない選手の多くが、踏み込み不足。
ボールが遠い。
カラダを寄せられないので、手(腕)だけで処理してしまう。

踏み込み過ぎは修正可能だが、踏み込み不足ではレシーブできない。

mii、aya、hotti、matsuはボールがつながるのだが、don、yone、tosi、meguは、リズムがとれない。

keiは、このところトス練が多いので、少しカンが鈍ったかな…。

つくづく、練習時間の不足を感じる。
もう少し、時間があればなぁと思う。

ジュニアの監督とも、よく話しになるのだが、正味1時間半の練習には限界がある。

中学の部活外部コーチ時代は、土日は3時間の枠だった。
基礎から応用までの流れを作っていくためには、これくらいの時間が必要だ。

とはいうものの、ママさんバレーでは、それは無理と割り切るしかないだろう…。
ママさんバレーは、「意識」を持ってやるしかない。

アタックでは、久しぶりに棒の先にボールが付いている…道具を使ってフォームの確認をした。

何人かは、フォームに問題があり、何人かは、フォームはしっかりしていても、実際の場になると、そのフォーム自体を崩してしまう。

本当のところ、みんな出来ていないことが沢山ある…。

フォームの修正は容易ではないが、yoneなどは、それを乗り越えられれば…、とんでもないアタッカーになるだろうに…。
ジャンプ力もあるし、腕力もある。

tosiだって、実際のゲームの中で、あのフォームで打てたらなぁ…と思う。

セッター練習も、あわせて行う。

特に、Aのトスが上げられない。

Aのトスは、ボールを弾いてしまうと絶対に上がらない。
空中に置いてくる感じを掴まなければならないのだ。

まだまだ「トスワーク」にまでは、とても至らないが、keiには頑張ってもらいたいと思う。
nakaだけしかセッターをこなせないようでは、問題だ。

今年の三砂は、新メンバーの加入で厚みが増したと思う。
「三砂杯」も、オリジナルメンバーでギリギリだが出場可能だ。

メンバーが多ければ、当然ベンチを温める選手も出るのだが、「三砂杯」とPTA大会の切り分けで、それはそれで楽しめるだろう。

3月には、明治小との練習試合も予定している。

勝ち負けよりも、自分のプレーを研鑽する場にして欲しいと思う。


















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
意識を持ってやるしかない/三砂小練習日記 ソフトバレーsho/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる