ソフトバレーsho

アクセスカウンタ

zoom RSS 自分を俯瞰する/三砂小練習日記

<<   作成日時 : 2008/04/21 14:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

一昨日の三砂小練習、久しぶりに土曜の練習に出た。

OGさん4名と、五砂小さんと、練習試合形式で行った。

OGさんチームには五砂さんの監督・コーチにも入っていただき、3チーム構成で各チーム、2セット消化することができた。

練習後、皆を誘って居酒屋ミーティング。

選手を見ていて、つくづく思うことがある。

もう少し、自分を客観視できないだろうか。
自分を俯瞰するという事だ。

これができない、あれができないという事の自覚はあるのだとは思うが、それは、客観的に自分の状態を把握しているのではなく、単に漠然とした目標に到達できないという、未達成感なのではないかと思うのだ。

未達成感と、客観視は別のものだ。

あるいは、自分を俯瞰するという事は、他人も正しく評価できるという事だ。

例えば、バレーボール未経験者が試合を観戦したとして、どの選手が上手で、どの選手が劣っているのか、見当もつかないだろう。

目立つ選手は誰でも分かる。

ところが、バレーボールのスキルが全くない未経験者が、それ以上の評価をする事はできないものだ。

逆に、バレーボールの経験もあり、スキルを磨いてきた選手は、他人を評価できるだけでなく、見て得る事も多いに違いない。

逆説的に言えば、見ることも技術なのだといえる。

自分を俯瞰するという事は、一つには想像力を必要とする。

試合の様子をビデオに録画する事も悪くないのだが、コートの中で、一体、自分のプレーがどうなのか…、想像してみたらどうなのだろうかと思う。

その想いを、コートでプレーしている、お手本としたい選手に重ねてみたらどうなのだろう。

次には、そのお手本の選手になりきって、自分がプレーしてみたらどうなのだろう。
いい意味で、真似るのだ。

このような練習試合は、実に好機だと思うのだ。

あれができない、これができないと、いっているうちは、それ以上の成長はない。

ああしてみよう、こうしてみようと、試行錯誤する過程に、成長がある。

その為にも、自分を俯瞰する…。
それが必要だ。











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
「あ〜だ、こ〜だ」言う前に、とにかくやってみることが大切ですね。

とにかく「もがき苦しむ」ことで、その先に新しいものが見えてきますし、新しい自分を発見できるのでしょうね。
eitoman0531
2008/04/21 23:19
eitomanさん、おはようございます。

そうですよね。まずやってみることです。
その時に、イマジネーションを持っていないと、自分の姿が見えてこない…。

伸びる人って、「想像力」のある人じゃないかなと、思っています。
sho
2008/04/22 07:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
自分を俯瞰する/三砂小練習日記 ソフトバレーsho/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる