ソフトバレーsho

アクセスカウンタ

zoom RSS 局面に応じたメンタリティ/三砂小練習日記

<<   作成日時 : 2008/07/24 16:05   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

一週間ぶりの、三砂小練習だった。

aki、hotti、aya、kei、matsu、don、naoの7名。

出席率が良い訳ではないし、今週の土曜日も人数が集まらず中止。
しかし、PTAのバレー、ママさん、しかも皆仕事を持っている現状を考えれば、それはそれとして受け止めた上で、どうやって楽しむか、どうやって一つでも勝ちあがっていくかを考えなければならないだろう。

先週水曜日に、選手だけで行ったミーティング、akiから報告を受けた。

「やっぱり、声を出そうという事になりました。あらゆる意味で、声が足りないと…」

「いいミーティング、できたじゃないか…」

バレーの「声」、これも「技術」なのだ。

昨日は、幾つか、再確認を行った。

サーブレシーブ。

三砂小では、私の独自理論である「3人ユニット制」で対応している。

これに、是非、加えて欲しいことがあった。

それは、メンタリティ。

サーブレシーブから始まる局面は、「オフェンス的」局面だ。

サーブレシーブといえば、とかく「守って」しまうものだが、実は、自チームの攻撃を構築する(オフェンスの)為のプロローグ、第一章なのだ。

そこには、「攻める」という強い気持ち(メンタリティ)が欲しい。

あくまでも、「攻める」ためのサーブレシーブであって欲しいのだ。

アタッカーの使い方の配分についても、いくつかの指示をした。

メインセッターのnakaは休みだったが、その配分については、私の中でも固まってきたので、おいおいnakaとも意志の疎通をはかることになると思う。

本来、セッターはゲームメーカーとして、アタッカーの使い方に現場責任がある。

しかし、試合当日の流れだけでなく、自チームのアタッカーについての評価は、この時期、そろそろ固めなければならないだろう。

その方が、トスワークも、より簡便で分かりやすいものにすることができる。

具体的なことはマル秘事項。
ミーティングの際に…。

サーブレシーブに限らず、メンタリティは重要だ。

気持ちと意識が、プレーを支配するといっても過言ではない。

特に、ママさんバレーでは、なお更だと思う。

技術的には、五十歩百歩…。

局面を読む冷静さと、局面に応じたメンタリティをもつことによって、一歩先にいけるのだ。

ディフェンス的局面でのメンタリティは、次回の練習で。
この練習は、人数が揃わないと…。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
局面に応じたメンタリティ/三砂小練習日記 ソフトバレーsho/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる