ソフトバレーsho

アクセスカウンタ

zoom RSS ベストメンバーの選出/三砂小練習日記

<<   作成日時 : 2008/07/31 09:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

通常、監督はチームのベストメンバーを組んで試合に臨む。
それが、監督の仕事でもある。

では、ベストメンバーってなんだろう?

選手を適材適所に配して、最強と思われる構成(スタメン・ポジション)メンバーを選出すること。

しかし、今回は、ママさんバレーの監督を引き受けて、初めての悩みに直面している。

そのベストメンバーを組もうとすると、練習に出てこれない選手を選ばざるをえないということ…。

この30数年、4チームのママさんチームを引き受けてきたが、主力がケガ以外の理由で練習に出てこれないということはなかったし、いつも練習に出てくるメンバーでベストメンバーを組んできた。

ママさんといっても、クラブ形式だった「櫻楼クラブ」では、沢山のゲストやスポットのメンバーが訪れた。
それこそ全日本クラスの人もいたが、それでもスタメンは、常時練習しているメンバーだったし、そうでなければ、ママさんバレーで勝ち抜いていくことはできないのだ。

9月に入れば、練習試合の申し込みが増えてくる。
週に1回は、どこかと練習試合ということになるだろう。

その、練習試合の時には、メンバーが揃うのだろうか?

現在、三砂小ではsatoを含めると13名のメンバーがいる。

登録は、12名までだ。

年間で考えれば、三砂杯の場合、数名がクラブからの出場となるので、チームは13名といわず、もっといてもいいのだが、この秋の「砂P」と「区小P」に限っていえば、誰かを外さなければならない。

誰だって、上手になりたいと思うだろうし、試合に出たいと思うだろうし、試合に出れば、勝ちたいと思うだろう。

誰だって!
どんなに下手な選手であっても、どんなに上手な選手であっても!

だから、一生懸命に練習するのだ。

練習に出てこれない、出てこない選手をスタメンに組むのは、私の本意ではない。
ママさんバレーは、普段の練習の積み重ね。
甘くない。

ケガで休んでいるのなら、それはそれで仕方がないし、仕事などが忙しいのならば、それも仕方がない事だ。
休んでいる事自体を批判しているわけではない。
誰だって、空き時間しかバレーに充てられないのだから…。

私だって、都合で練習を休む事はある。
それとも、私が休んでいる時には、みんな揃っているのだろうか?!

どれくらいまでが許容範囲なのか、結論は出ないと思う。
皆勤だけが条件ということではないのだ。

しかし、限度があることも事実。

ここは、再度、みんなで話し合って欲しいと思う。

何のために、バレーをやっているのか?
PTAとクラブを、どう使い分けるのか?

このチームはPTAチームなんだから、練習に出てくるメンバー中心で勝ち負けにこだわらずやろうというのか…。
そうではなく、実力主義で、一つでも勝に行くのか…。

私は、クラブだろうとPTAだろうと、同じだと思っているが…、それでも今の状態では、その答えに窮してしまう。
主力が練習に出てこれない事態など、経験した事がない。

チームは選手のものであって監督のものでないのだから、選手自身がチームの存在意義について、答えを出す必要がある。

そして、何より、私に何を望むのだろうか?

一つでも勝ちたいのか?
一人一人、上手になりたいのか?

それとも、楽しくバレーがしたいのか?

あるいは、その全部?!

その答えを聞かなければ…、あるいは、このままでは、ベストメンバーさえ組めないのだ。

今は、全員で(全員は13名である)!この危機(そういっても良いと思う)を乗り越えなければならない時だと思う。









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ベストメンバーの選出/三砂小練習日記 ソフトバレーsho/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる