ソフトバレーsho

アクセスカウンタ

zoom RSS こころの中にある≪トラップ≫/三砂小練習日記

<<   作成日時 : 2008/10/30 11:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日の三砂小、明治小との練習試合だった。

明治小は、一昨年、昨年と、「区小P」を連覇している、ディフェンディングチャンピオンだ。

明治小の監督とは、しばしば連絡を取り合っているのだが、体育館の改修工事に入ってしまったという事。
こういう時は、お互い様だ。

チャンピオンチームに練習試合の相手に選んでもらったことは、ありがたいことだと思う。

今年の明治小は、相変わらずの大型チーム。

一方、我が三砂小は、小粒だがオーソドックスな攻めと、守りを固めたチームだ。

昨年も、練習試合や大会で当たっているが、今までセットをとったことがなかった。
しかし、昨日は、第1セットをとることができた。

2セット目こそ、中盤、離され一方的な内容になってしまったが、3セット目も競り合うことができた。

1セット目は、naoとmiiの活躍が目立った。

来週、再来週と、試合が続く。
この時期、勝ちの要因を分析しても始まらないだろう。

むしろ、難なくとられてしまった2セット目、競り合って勝てなかった3セット目が問題だ。

いずれのセットも、1本のミスから連続失点している。

1本のミスから自分を見失い、その結果、集中を失い、それがチーム全体に伝播する。

その1本のミスは、迷いや弱気から生じたものだ。

このようなギリギリの勝負では、迷い、弱気は禁物なのだ。

以前、「ネバーエンディング・ストーリー」という映画があった。
旅の途中に、数々の試練に遭遇するのだが、その一つに≪悲しみの沼≫がある。
その沼は、平常心であれば難なく渡れるのだが、渡る途中で≪悲しい≫気持ちになってしまうと、底なしに沈んでしまうのだった。

まさに、KEYは、自らの心の内にあるということだ。

今そこにあるボールを上げ、それを決める事だけを考える。

絶対に負けないという強い気持ち。
攻め抜く気持ち。
勝負する気持ち。


自分に言い聞かるのだ。

集中力は、そこからしか生まれない。

しかも、だれか一人でも、この≪悲しみの沼のトラップ≫に嵌れば、それはチーム全般に広がっていく。
それが、チームだ。

三砂小のように、守りを強みとするチームでは、なお更だ。

チームが一つになるとは、そういう事をいう。

試合まで、あと一回練習がある。

気持ち!
気持ちだ!!











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
こころの中にある≪トラップ≫/三砂小練習日記 ソフトバレーsho/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる