ソフトバレーsho

アクセスカウンタ

zoom RSS 2008「区小P」試合結果/三砂小練習日記

<<   作成日時 : 2008/11/10 13:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日は、「区小P」二日目、決勝トーナメントだった。

今年の「三砂小」は、予選1回戦を突破したため、このトーナメントに出ることができた。

対戦相手は、「二亀小」。
「二亀小」は、昨年、一昨年と準優勝しているチームだ。

対戦相手については、よく分かっていたので(これは、お互いに)、できる限りの対策は立てた。

相手チームの強みを封じ、守りきるという戦術だった。

先週の試合では、「二亀小」は、攻撃の60%以上がレフトサイドだという印象があった。
また、レフトオープンからの特にストレートコースのアタックが冴えていた。

そこで、レフト側のブロック強化のため、satoを先発に決め、ストレート側のレシーブを強化するため、miiをバックライトに据えることにした。

ブロックの練習は入念に行った(といっても、わずか2回の練習だが)。

さらに、相手サーブは、1番の選手と、エースアタッカーの二人をマークし、この二人のサーブで連続得点を許さないという「意識」を持つように徹底した。

「三砂小」の基本戦略は、【サーブで崩す】【フォローとカバー】【出だしから100%の集中】の3点だ。

試合出だしは、思惑通り…。
hottiのアタック、ayaのサーブポイント、相手チームのオーバータイムスで3連続得点。

ayaの4回目のサーブがアウトととなり、次のセカンドもアウトでダブルフォルト。

ここで相手に1点が入り、問題のサーバーの登場となる。

いきなりサービスエースを取られ、続いてブロック、「三砂小」の2連続ミスで、5連続得点を許してしまった。

その後も、4連続得点を2回許してしまう。

13対19では、サーバーはこれもマークしていたエースの登場。

ここで2連続サービスエースを許し、結局、相手チームの強みを打破できず、まさに読み通りの展開を許してしまった。

2セット目、13対12まで緊迫した展開だったのだが、レシーブのミスもあり、4連続得点を許し、13対15と逆転される。

その後、ブロックポイントで1点返し14対15と詰め寄るが、ここまでだった。

やはりレシーブミスで14対16。

ここでサーバーは再びエースに回ってくる。

17点目をサービスエースで取られ、その後、一気にサーブで崩され、6連続失点し、14対21であっさりゲームセット。

先週9番だった相手エースは、この日8番。
このサーブ順が功を奏して、最後の詰めの重要な場面で、エースに順番が回ってきた。

完敗だった…。

「二亀小」は準決勝まで進出するも、「小名木川小」に破れ、一方の準決勝、「明治小」と「越中島小」は、フルセットの激戦の末、「明治小」が勝利した。

決勝は、「明治小」対「小名木川小」。

フルセットの激戦の末、「明治小」が三連覇を果たした。

当分の間、「明治小」の時代が続きそうだ…。

【「明治小」の皆さん、監督、おめでとうございます!】

今シーズン、「三砂杯」を残してはいるが、この大会は、クラブ混合なので、何人かがクラブからの出場となる。
このため、ベストメンバーでは臨めない。

また、1年かけてのチームつくりがはじまる。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2008「区小P」試合結果/三砂小練習日記 ソフトバレーsho/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる