ソフトバレーsho

アクセスカウンタ

zoom RSS 選手の問題であり、私の問題/三砂小練習日記

<<   作成日時 : 2009/01/22 11:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日の三砂小練習、通常はレシーブ担当だけなのだが、久しぶりに全員ワンマンレシーブを行った。

30秒、できるだけボールを繋げる。
15秒のインタバル。
これを3セット行った。

30秒間、ボールが繋がる選手、ほとんど繋がらず、1本ずつきれぎれになってしまう選手。

繋がる選手は、大きく息も上がる。

繋がらない選手にとっては、30秒などあっという間だ。

この差は、そのままスリーメンでも表れる。

繋がる3人。
繋がらない3人。

決して、バレーキャリアの差ではない。

このギャップを埋めること、即ち、チームのレシーブ力アップだろう。

まずは、この中間に位置する何名かに、上がってきて欲しいものだ。

このような練習では、実際には球拾いの時間の方が長くなる。

しかし、この「貴重な」時間を無駄にしないで欲しい。

自分が繰り返しプレーすることの重要性は勿論のことなのだが、上手な人のプレーを見て、学ぶ、真似をするというのも、効果的な練習になる。

また、ボールが繋がる選手は、特に膝から下のボール、身体の中心線をはずれるボールのコントロールに注意して欲しい。

この辺りに自信が持てるようになれば、さらにレシーブ範囲も広がっていくのだ。

打ち手である私自身、上級者にはあえて低目のボール、中心線を微妙に外すボール、中級者には、できるだけ正面でリズムをとれるボール、初級者には、ボールとの距離感を確認できるように緩めのボールで正面をつく…と、それこそ1本1本、カスタマイズしなければならないということだ。

段階的に難易度を上げ、反復練習で覚えていくしかない。

レシーブ力の向上の鍵は、選手の集中と努力であり、私の出すボールの精度でもあるのだ。

欲をいえば…もう少し練習時間が欲しい。
現状は、正味、1時間半しかない…。

このあたりにこだわって、もう30分、欲しいかな…。

ともかく、皆、年末年始の練習不足から、少しづつ調子は取り戻してきたようだ。

今月末(31日)には、みんな楽しみにしている、恒例の紅白試合(実際は、紅白ではなく招待試合)だ。
横浜から!1チーム(ナデシコさん)。
柏選抜。
OGさんにも、お手伝いをお願いした。
そして、三砂小はベストメンバーで…。

その後は、新年会。

みんなで楽しみたいと思う。

まずまずの、2009年の滑り出しだな…。








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
選手の問題であり、私の問題/三砂小練習日記 ソフトバレーsho/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる