ソフトバレーsho

アクセスカウンタ

zoom RSS 広域交流試合/三砂小練習日記

<<   作成日時 : 2009/02/01 16:52   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日は、地域を越えた交流試合「親睦大会」だった。

三砂小をホームに、横浜から「ナデシコ」さん、柏から「柏・流山合同チーム」、この3チームで総当り戦を行ったのだ。

時間の都合もあり、3セット目は無し。
勝敗よりも、親睦と新たなモチベーションを築くことが目的だった。

「ナデシコ」さんも、「柏・流山合同」も、9人のメンバーが揃わなかったので、三砂中Pの皆さんと、いつもお手伝いしてもらっているkajiiに助っ人をお願いした。

「ナデシコ」さんは、ライトオープンにサウスポーのエースを持つパワーチーム。
残念ながら、レフトサイドの二人のアタッカーが欠席だった。
そこで、そのポジションは、三砂中のメンバーにお願いした。

「柏・流山合同」は、セッターとバックセンター、バックレフトに助っ人をお願いした。
このチームは、攻撃陣の4人全員に得点能力がある、バランスのとれたチームだ。
平均年齢は最も高いが、動きの面では引けをとっていない。

親睦試合ではあったが、時間を無駄にしたくない。
セレモニーはいっさいなし。
淡々とアップし、待ちチームの審判で試合を粛々と進めた。

勝敗は関係ないといっても、試合が始まれば、みんなのバレー魂に火がつく。

すべてのセットが、白熱した試合だった。

ラリーも続き、みているだけでも十分に楽しめる試合内容だった。

何よりも、過剰なプレッシャーがない分、みんな伸び伸びとプレーしている。

「柏・流山合同」は、寄せ集めで、全く初めて組むチームだ。
それだけに、結果はやや不満の残るもので、悔しい思いをした選手も多かったと思う。

「次こそは!」

この思いが大切だと思う。

これこそ、新たなモチベーションの創出だ。

一方、「ナデシコ」さんも、今度は単独チームで臨みたいと思っているはずだ。

この思いが、これからのチーム運営と、チームワークに役立ってくれれば、と思う。

三砂小も、ベストメンバーで臨んだ。

みんな、楽しそうでありながらも、真剣にプレーしていた。

久しぶりに三砂小を見た柏チームのメンバーや、isiコーチからも、「以前のチームとは違うね」とお褒め頂いた。

まだまだ発展途上ではあるが、このような交流をきっかけに、さらに「やる気」に磨きがかかったに違いない。

試合の後は、いつもの居酒屋で新年会を兼ねた交流ミーティング。
残念ながら、今回は「ナデシコ」さんは気持だけ残して帰宅。
柏の有志と、三砂中Pのメンバーが加わり、いつもの通り、賑やかや交歓だった。

今度は、「私たちも参加したい」と、三砂中P。

「よし!それじゃ4チームで総当り戦やろうか!」となった。

一日3試合できれば、さらに面白いと思う。

「sho’s CUP」

面白そうだ。

PTAのカテゴリーの試合は、地域を越えることがない。
おおよそ分かっているチームとしか、対戦することができないのだ。

しかし、このように地域を越えた他流試合こそ、お互いの刺激になり、「また頑張る」ための栄養剤になるのだと思う。

少しづつ…広げ、定着していければいいなと思う。









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
広域交流試合/三砂小練習日記 ソフトバレーsho/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる