ソフトバレーsho

アクセスカウンタ

zoom RSS 2010年初練習/三砂小練習日記

<<   作成日時 : 2010/01/07 09:11   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

昨日は、2010年の初練習だった。

aki、hotti、don、kei、toshi、sato、nakaの7名の参加だ。

こうして、初練習を三砂小の体育館で迎えるのも、4度目になる。

3年半は、あっという間だった。

その間、卒業していった選手も多い。

今年は、3月でsatoが、来年3月までの選手が、hotti、don、miiと4名になる。

PTAチームの宿命だが、さびしい…。

今年のチーム作り…、考えなければならないだろう。

特に、攻撃面ではsatoの抜けた後、どのように構成するかが課題だ。

エースのhottiが今期限りであることも、どのように捉えるかだ。

今年は、現在のポジションを前提に最大の結果を求めていくのか。
あるいは、来期もふまえて中長期的にチームを作っていくのか。

クラブチームであれば、どちらも正解だと思う。

それは、監督の戦略の中にある。

どのチームでも、念頭にあたっては、この1年のチーム作りを考えるに違いない。

メンバー変動の少ないクラブチームでは、中長期的な視点を持ってチームを作っていくことも価値がある。

しかし、今年限りのメンバーを抱えて、正直、迷いもある。

donとmiiのレシーバーとしてのポジションは不動のものだ。

hottiのエースとしての立場、これも不動のも。

だからといって、各々去年と同じポジションでやるとすると、動かせるのはsatoのポジションだけとなってしまう。

特に攻撃陣。

来年度以降の攻撃陣を考えれば、naoとyoneの成長が必要だ。

yoneは、nakaのセッターを前提に、Bクイックに磨きをかけるしかない。

では、naoは現在のポジションでいいのだろうか…。

ライトセミには、オールラウンド性が要求される。

naoをここから外した場合、誰が替わる?

勿論、このままライトセミでnaoのプレー精度を上げる選択肢もある。

しかし、来年度以降、hottiが抜けた後、naoがこのポジションでは苦しい。

このポジションでエースの働きをするには、オールラウンド性だけでなく、人並み以上の打点の高さとパワーが必要だ。

一つには、hottiをライトオープンに回し、ライトエースという選択もあると思う。
nakaがセッターならば、これも可能だ。

その場合、naoがレフトオープンだ。

naoには、次世代のエースとしての気構えも学んでもらわなければならない。

それでも、ライトセミがいない…。

レシーブ陣は、今の布陣が最強だと思う。

このレシーブ陣から、ネット際に上げるとすると…akiしかいない。

しかし、akiは、バックセンでレシーブの要。

nakaのセッター、ayaのハーフセン、akiのバックセンというセンターラインについては、正直、いじりたくはない。

kei、あるいは、akiの役割をどうするかが、カギとなりそうだ。

今年は、昨年よりも早い時期から、実戦重視で行こうと思う。

あらゆるオプションを練習試合で試し、最善の布陣で秋の二大会に臨もうと思う。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
あけましておめでとうございます。ご無沙汰してました。shoさんも、相変わらず頑張ってらっしゃるようですね。寒い日が続きますが、体をメンテしながらバレーしていきましょう! 今年もまたいろいろ教えていただけると嬉しいです(^^)
marpy
2010/01/26 23:27
marpyさん、こちらこそ今年も宜しくお願いします!

年明け、練習には行っているのですが、なかかなブログを更新できません(汗)。

書きたいことはあるのですが…。

少しづつでも、更新して行こうと思います。

体育館は、今が一番寒い時期。

お互いに、ケガに注意しながら、頑張っていきましょうね!
sho
2010/01/27 08:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
2010年初練習/三砂小練習日記 ソフトバレーsho/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる