ソフトバレーsho

アクセスカウンタ

zoom RSS 納得、それは終わりのない…/三砂小練習日記

<<   作成日時 : 2010/06/24 09:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

最近の三砂小を見て、感じる事がある。

「皆、上手になりたいんだ!」という事。

当たり前の事だが、なかなか伝わってこない部分でもある。

納得できるプレーなど、そうできるものではないし、納得という境地にたどり着ける訳でもない。

終わりのない旅だ。

しかし、納得を求めて、試行錯誤し、苦しむのが練習なんだと思う。

それぞれの選手に、それぞれの課題があり、それぞれが納得を求めて練習に集中していく。

全員が揃うことも少ないのだが、それでも、集中力のある練習ができていると実感できるようになってきた。

だからこそ、その気持ちが伝わってくるに違いない。

私自身、少し左肩の改善があるという事も、プラスに働いていると思う。

自分自身が、練習に集中できるようになってきたという事だ。

やっぱり、鏡のようなものか…(笑)。

昨日の練習では、一貫してセッターの代理をやった。

バックトス、ジャンプトスは、まだ不十分だが、自分の内から気合が沸き出してくる。
久しぶりに、自分でもバレーをやったという充実感もある。

アタッカーのフォームもまとまってきた。

私の目指しているアタッカー像に、少なくてもカタチだけは近づいてきていると思う。

きちんとしたフォームで、アタッカー全員が打てるチームは、強く美しい。

試合前の公式練習で、そんなアタックを見せつけてやることだ(笑)。

レシーバーのこだわりも、伝わってくる。

そうだ、その調子でトコトンこだわっていくことだ。

レシバーは、妥協しちゃいけない。

落ち着きと自信にあふれ、フットワークも軽快なレシーバーを、これもまた、試合で見たいものだ(笑)。

秋の大会といっても、いつだって、あっという間に迎えてしまう。

4回目になる今年の大会は、皆のこころに残るような試合をさせてやりたいと思う。

来年になれば、何人かの主力が抜け、また、一からの出直しになる。

何よりも、卒業していく選手の為にも、1回1回の練習を大切にし、秋にはチームとして一つになって、ゲームを作っていけるようになってもらいたい。

私自身、納得できる練習を展開し、納得できる試合をやりたいと思う。

納得…、終わりのない自分との戦いだ…。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
納得、それは終わりのない…/三砂小練習日記 ソフトバレーsho/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる