ソフトバレーsho

アクセスカウンタ

zoom RSS 2010「砂P」試合結果/三砂小練習日記

<<   作成日時 : 2010/10/12 07:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

一昨日は、「砂P」大会だった。

対戦相手は、直近で練習試合をしている、二砂中。

練習試合では、1−2で負けているが、三砂小が1セット取り、各セット、接戦だった。

しかし、練習試合と本番の大会では、集中力が違う。

練習試合は、あくまで練習試合。

練習試合に勝っても、あるいは、負けても、大会は別物だと考えていた。

1セット目、1対1から、一気に4失点し、1対5。

しかし、三砂小も、4連続ポイントで5対5と、追い付く。

そこから、じりじりと離され、8対13と、5点ビハインドだ。

三砂小は、中盤の構成に入れず、二砂中は、中盤の展開に入る。

ここから、6連続ポイントを許し、試合を決められてしまった。

1セット目は、10対21と、完敗だった。

8対13の時点から、16点以降の後半の展開になるまでにまでに追い付かなければ、勝負にはならないということだ。

相手が3点取る間に、三砂小に8点が必要となる。

それには、連続ポイントしなければならない。

ところが、その時点でのサーブ順では、得点力が低くなってしまう。

サーブで崩すことは、容易ではない。

やはり、6点から8点の間、得点力のあるサーブで崩し、連続でポイントして、中盤で追い付くことができなければ、勝機はなかったということだろう。

この大事な状況で、2本のブロックを決められたことが大きかった。

逆に、そのブロックをカバーできずに、得点を許してしまった三砂小が甘いということになる。

負けるべくして負けたセットだった。

続く2セット目。

0対2から、hotiiがアタックを決め、サーバーはmon。

ここから、monの好サーブで相手を崩し、6連続ポイントして、6対2となる。

まさしく、このパターンが必要なのだ。

このセットは、サーブ順のめぐりは良かったのだ。

monの次は、あえて9番においているaki。

そこから、aya、miiと続く。

ところが、ことごとくサイドアウトを取られ、それ以降、連続してポイントすることはできなかった。

ここは、nakaまでの5人の好サーバーの間に、どこかで連続ポイントし、先にリードして16点以降の後半の展開に持ち込みたかったところだ。

12対10から、逆に6連続ポイントを許し、12対16と、形勢を逆転されてしまった。

6点のうち、相手のポイントが3点。

三砂小のミスによる失点が3点だ。

この時点で、三砂小が圧倒的な劣勢となる。

naoのアタックポイントで14対18。

そこから、サーブはyone。

何とか3連続ポイントして、16対18まで追い付く。

しかし、ここまでが精一杯だったと思う。

3回、4回と、サーブに立つたびに、迷いが生じ、無心ではなくなってしまうものだ。

しかも、状況の緊迫度は、ますます大きくなる。

残念ながら、yoneには、この状況に耐え、サーブを入れ続けるだけのメンタルタフネスは備わっていなかった。

サーブをダブり、16対19。

試合は決まった…。

16対21。

0−2の完敗だった。

相手、二砂中は、決勝に残り、フルセットの末、準優勝。

優勝は、小名木川小だった。

反省点は多々ある。

選手の反省と、私の反省。

あと1か月で、「区小P」だ。

今年度で卒業する選手が3名。

悔いのないように、反省点を生かしていくしかない。

三砂小の持ち味ある、サーブとレシーブを軸に勝負に行くことだろう。

その持ち味を、最大限、発揮するための布陣。

ここに賭ける1か月になる。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは
「連続得点(失点)」・・・
これは私も前回の試合で経験しました。

精神論になってしまいますが、これを止めるには「全員の気持ち」しかないように思います。
(力が互角もしくは、戦える可能性があれば・・・になってきますが)

それはそうと、
本の出版おめでとうございます。
っていうか、すごいです。
mint
2010/10/17 12:03
mintさん、こんばんは。

お陰様で、拙著、順調に売れているようです(笑)。

ところで、中盤の連続失点ですが、多分に精神論になってしまいがちですよね。

しかし、セッターのトスワークを軸に、打開するスキルはあるように思います。

そこを、具体的に解明したいですよね。

解明でき次第、アップします(笑)。
sho
2010/10/17 22:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
2010「砂P」試合結果/三砂小練習日記 ソフトバレーsho/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる