ソフトバレーsho

アクセスカウンタ

zoom RSS ここから、また始まる…/三砂小練習日記

<<   作成日時 : 2010/11/18 09:49   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日の練習…、結局、ほぼ全員が参加だったが、スタートは4人。

一人、二人と、練習に合流してくる…。

こんな時は、レシーブの基礎練習に限る。

それにしても、レシーブ力に格差があることを、あらためて実感した練習だった。

新人である、monとmikiには、まだ動きの基本や体のフォロー、サーブレシーブの時の、3人ユニットという考え方、何も伝えていなかった。

そんな間もなく、試合に出てしまった。

ある意味、この二人は即戦力だったといえる。

まだ、試合はあるが、これからの1年間が、この二人の「伸びしろ」になるに違いない。

monには、動きの良さがある。
しかし、それを活かすためのフットワークができていない。

ここを改善して、オーバーカットへの意識付けができれば、さらに伸びていくと思う。

また、サーブ力も、きっと向上するだろう。

もともと、「声掛け」には秀でている。

monがレシーブの要になることを期待したい。

mikiは、アンダーのレシーブは器用にこなす。

最近では、オーバーカットへの意識と意欲も見えてきた。

バレーセンスは、人並み以上のものがあると思う。

mikiが、果たして、アタックを打てるのかどうか…、これも試してみたい。

フォームとタイミングをきちっと教えれば、可能性はあるかも知れない。

mikiは、少し時間をかけて…しっかりと可能性を引き出してやりたいと思う。

セッターを含めて、2〜3年後の中心的な存在になってもらいたい。

大きな大会を終了した今だが、「課題」に本格的に取り組むことができるという意味で、日々の練習の楽しみが感じられる。

来期、hotti、mii、donが「卒業」する。

エースhottiと、レシーブとサーブの基軸のmii。

donは、私が監督を引き受けて以降の選手。

私にとっては、まさしく教え子なのだ。
「卒業」しても、中P始め、どこかでバレーは続けてもらいたい。

hottiは、クラブもあるけれど、miiは中Pなのかなぁ…。

監督を引き受けて5年目になる。

すっかり、顔ぶれが変わってしまう寂しさと、来期にチームをどうするのかの期待が入り混じった、複雑な心境だ。

三砂小では、「勝つ」こともさることながら、全員に「伸びて」もらいたいと思う。

経験も、バレーに対する意識、考え方、それぞれのものなのだが、「成長」することが、ママさんアスリートである選手の「糧」に違いないのだ。

少なくとも、三砂小では、「ママさんバレーは、前の方がえらい」という、間違ったヒエラルキーは姿を消したと、いっていいと思う。

それぞれに役割があるだけなのだ。

その役割を果たすこと…そこにこだわることだ。

その集合体が、バレーボールのチームなのだから。

「伸びしろ」は、人それぞれだが、「卒業」するときに、少なくとも、自分の成長を実感してもらえたらと思う。

そして、何より…、「ここでバレーができて良かった!」と…思ってもらえれば、監督を引き受けた甲斐がある。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ここから、また始まる…/三砂小練習日記 ソフトバレーsho/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる